05月≪ 2005年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.06.28 (Tue)

二日目終了

二日目終わりました。


今朝、出掛けに時間がなかったのですが
携帯電話からこのブログをみたらコメントが4件も!!!
すごくすごくうれしくて、なんども繰り返し読み返しました。
皆様本当にありがとう。
今朝は猛烈に眠くてだるくて、行きたくない~~~~気分だったのだけど、元気をもらえました♪




今日の息子の様子は


1時間目 算数
1時間目だからなのか、割と調子よく始まりました。
引き算のひっさんの練習をしているのだけど、
数え棒を使って黒板で説明する先生に
 「わかった~!」
 「なるほど。そうなんだ」

なんていう風に、大きな声で独り言を言っていました。
けれど途中から、実際に自分でやってみよう!となると
うまく出来ないことへの苛立ちの感情が強いようで
途端にもじもじしだして
 「むずかしすぎる~~!!」
 「ボク、勉強だめだめになっちゃうよぉ」
と泣きそうになっていました。
当然のように、黒板に書かれた課題には取り組まず、手遊びをしています。


息子は一番前の席にいるので、後ろで見ている私は声をかけようにもかけられない!
あ~~~もどかしい・・・。
休み時間になるのを待って息子に話しかけて
「家に帰ったら、お母さんが算数を教えてあげるからね。息子は何でも出来るんだから、お母さんと一緒に勉強すれば絶対できるようになるから大丈夫だよ」
と話すと落ち着きました。


2時間目 生活
花をテーマにした絵を描いていました。
他のみんなは友達と二人組みで一枚の絵を仕上げていたけれど、息子は先生とペアでした。
ま・・・人数が奇数だから。ってことで(-_-;)
一時間の間、グズることもなく
終始楽しそうに絵を書いていました。


3時間目 算数
水泳のはずが、プールの塩素濃度が上がりすぎたとかで延期、
急遽算数になりました
1時間目の続きなので、息子は機嫌が悪い!!
先生に許してもらって、息子の机の横に座って個人教授です。
決められた問題を自分でこなしていく・・・という授業だったので、私が一番前に座っていても 授業の妨げにはならなかった(はず)です(^-^;
そばについて、やり方を教えてあげるととっても物分りのいい息子。
その上に、一問正解するたびに
 「すごい!息子って天才じゃない?」
なんて耳打ちしておだてたりすると、それはもう喜んで
どんどんやってくれました。
しかも全問正解!!


やっぱり息子には個人指導が向いてるのかな・・・・
と思う次第でした。
集団指導だと、指示が伝わらないし、本人もかなり注意力散漫な様子が見受けられます。
そんなに勉強!勉強!!と言うつもりでもないのだけど、
息子はできないことへの恐怖感が強いので


 聞いていない→出来ない→パニック→もっとわからなくなる


の悪循環がくりかえされるような気がします


4・5時間目 国語
集中力が持続しません。
教科書を読み進めながら、その場の状況をみんなで推察していくようなところでは、興奮していろんなことを話したりしていましたが、漢字となるともうやる気なし!(笑)
でも先生の教え方は、かなり息子向きかな・・・と思いました。


新しい漢字は、まず先生が1回大きく黒板に書く。
この時児童は、鉛筆も持たず、何もしない状態で先生の書く書き順を見る事!!
そして、次はその漢字の構成の特徴をみんなで出し合います
「岩」という漢字なら 「山」と「石」っていう字が入ってるね!って感じで。
ただ、そのときにみんなが挙手して発表するので、なかなか当ててもらえないといじけますが(汗)
その後にやっと、自分で書いてみます。
こういう教え方だと、視覚へ訴えやすい息子にはとってもいいかもしれません。もともとそういう指導方法なのか、それとも先生が考えてくださったのか。
息子が真剣にそれに取り組んでくれたら言うことなし!なのですが、半分以上聞いてない感じなのが残念です。



全体的に今日は調子のいいほうだったと思います。
今日も外に飛び出ることはありませんでした。
昼休みも、熱心に私を学校探検に連れて行ってくれました。
クラスの友達の名前もなんとなくわかってきて、いろんな子と少しずつ話したり、いい感じになってきたな・・・・というところだったのですが


帰りに先生が
 「明日からは、ずっと教室にはいないで、時々覗く感じにしてもらえませんか」
とのお話が。
私がいることで、パニックをなかなか起こさないようなので
どうしてもひどいパニックの様子を私に見せておきたいのか・・・
それとも、私が見ていなくても出来るように、少しづつ練習させるためなのか・・・


兎にも角にも、そんな御達しがありました。


はいはい。この際何でもしまーす



・・・というわけで、明日からは少し退屈になりそうです。
学校に軟禁状態には変わりないですけどね。
スポンサーサイト
EDIT  |  17:25  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2005.06.27 (Mon)

授業参観1日目

いよいよ今日から授業参観です。
さんざん家では文句を言い、胃の痛い私ですが
かといって断る根性も、学校とケンカする覚悟もないので
行くことになるわけです・・・・。
でも行くからにはきっちり見て、これからの役に立てようと思ってます。





大好きなプールの時間はとってもはしゃいでいましたが
最初と最後のシャワーの水が冷たいらしく、「いやだよぉ~~~」と渋っていました。


そのほかの授業では、国語・算数・音楽があったのですが、
大体、椅子に座ってはいても上半身がふらふらと落ち着きなくうごき、貧乏ゆすりをしてみたり、だらだらと生あくびが出る・・・という感じでした。


それでも今日は、私が後ろで見ているので、時々振り返ってはにっこりしていました。


5時間目の算数の時間はじっとしているのも限界・・・といった様子で、「ん゛~~~~~~!!」と頭をかきむしり、今にも泣きそうな顔で足をジタバタさせていました。


後ろで見ていてイライラ・・・・・・・・・・
走っていってひっぱたこうかという気にもなりますが、ぐっとこらえて、作り笑顔・・・


それでも今日は、普段に比べるととてもおりこうだったと言われました。毎日教室を飛び出しているのに、今日は行かなかった。と。


もしかして、私は息子をおとなしくさせるために呼ばれてるのかしら・・・・





今日学校に行って気付いたこと
クラスの中に、もう一人問題行動を起こす子どもがいました。
この子は、パニックを起こすわけではないけれど、
怒ると壁を蹴ったり、机を倒したり、友達に「死ね」「殺す」と言ったり、今日朝一番で私に「勃起って知ってる?」などと、卑猥な言葉を投げかけて楽しんでいるようでした。授業の間も、ほとんど何もせずに、先生はかなりお困りの様子・・・。
そういう状態なので、友達もその子には呆れているようでした。


プールの時間、見学をしていたその子がふらふらとプールサイドから出て行ってしまったので、気になって見に行くと、廊下の隅に座っていました。
私が声を掛けると、その子はいろんなことを話してくれました

 「息子君はね、とっても優しい時もあるし、かわいい時もあるよ。いいところがたくさんあるんだ」
 「息子君は「パニックを起こす病気」なんだって、教頭先生が言ってたよ」
 「ボクは、女の子が蹴ってきたりすると、頭にくるんだ。あいつなんか死ねばいいのに」
 「ボクだってもう、いなくなってもいいんだよ」



この子は、人一倍いろんなことを感じてるんじゃないかな・・・
わがままなだけじゃない。
問題行動を起こすことで、先生や友達が自分をどう思ってるのか、どんな風に対応してくれるのか確かめようとしてるんじゃないのか・・・


そう思うと、なんだか切なくなってきて
「そんなに悲しくなっちゃうんだね・・・。でも、おばさんは、おばさんの息子君のいいところをたくさん見つけてくれる君がいなくなったらさみしいな」
と話しました。彼は何も返事はしなかったけれど。


その子が教室で寝転んで授業をボイコットした時
先生は困り果てたようで、とても怖い顔をして彼をにらみつけ
「みんな、彼がこういうことをするのってどう思う?」
と問いかけました
「悪いことーー!!!」
と一斉に答える子ども達
「先生はこんな時、どうすればいいかな?」と先生。
「怒るのーーー!!! お母さんに言うとか!!」と子ども達が言うと
「そうかー。じゃぁ、今回は大目に見るけど次は先生怒るからね!!」



そういう指導方法なんですか・・・・・
私は教師じゃないし、彼の母親でもない。
だから私が良いとか悪いとか言えることではないけど


世の中には善と悪しかないわけじゃないよね・・・・
たしかに、いけないことをしたとは思うけどさ
なぜ、そうしたのか とか、どういう気持ちでそんなことをしたのか とか、そういうことって考えてみなくていいのかな


表面に出てくる行動だけを見て、それが善か悪かを問うて、
悪だと言われたら、先生も他の子供もみんな一緒になって責める


それじゃぁ、どんどん追い込まれちゃうよ。


みんなと同じに出来なかったら、みんなで責めていいの?


学校教育って、そういうもの?


それなら・・・・私の息子が はみ出すのも無理はないね。
どうりでどんどん孤立しちゃうわけだわ・・・。



はぁ~~~~、あと4日。
ダイエットできそう(苦)


EDIT  |  17:46  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(15)  |  Top↑

2005.06.24 (Fri)

ぼくの弟

殿父さんのブログ 「ぽちぽち★殿父blog」 をトラックバックします


小学5年生の男の子が、自閉症である弟について作文を書きました。
その作文は最優秀賞授賞(内閣総理大臣賞)を受賞し、また先月私の住む地域のローカル番組で特集番組になりました。


この作文が全国放送でも取り上げられるらしいです



どうか一人でもたくさんの人が
障害に理解をもってくれますように・・・・


必死に生きている本人のこと、世間の目に傷ついている家族のことを知ってくれる人が増えますように・・・・



 6/27(月) 筑紫哲也 NEWS23 時間帯は不明です。
 (予定ですので変更があるかもしれませんが)
EDIT  |  11:51  |  つぶやき・・・。  |  TB(1)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.06.24 (Fri)

あ゛~~~もう!!

DSC01947s.jpg



昨日は忙しい一日でした。




午前中は、小学校の家庭教育学級の講座に出かけてきました。
最初の一時間は校長先生の講話だったため、その間は動悸&顔を上げられない・・・って感じでしたけど、そのあとはドライフラワーの先生がこられて、上のようなものを作りました
ちょっとリフレッシュ♪





そして午後からは、息子を早退させて 県内の某大学の臨床心理相談室へ行きました。
去年行ってた学校の情緒通級クラスの先生に紹介してもらったところで、初めてだったのですが とても穏やかな先生に、息子の成育歴や現在の悩みなどを聞いていただきました。
今回は状況を伝えるだけで、次回以降に分析結果を基にしたこれからの対応などを教えていただくことになると思います。


そこの先生が
 「息子さんは、学校で自分がやってしまうこと、よくわかっていると思いますよ。いけないとわかっているのに、どうしてもしてしまう・・・。それを責められたり、とがめられたりしたら、とっても辛いと思います。『辛いんだよね』『ほんとうはそんなことしたくないんだよね』と、息子さんの気持ちに寄り添ってあげてください」
と言われました。


そういってもらえると、私の考えは間違ってないんだ・・・
息子だって苦しいんだ
理解して、受け入れてあげよう
と思いました。




そして・・・・・・うちに帰り着いてから
息子の連絡帳を見てみると


 息子さんの様子を見に来ていただけませんか?
朝から夕方まで、できるだけ長い時間見て欲しいです。
1日2日じゃわからないかもしれないので、一週間続けて来てもらったら・・・という助言もありました



だそうです



朝から夕方まで一週間・・・・・!?
なんだか、正気の沙汰と思えないんですけどぉ


呆然としていると、担任の先生が帰ってきた気配がしました(実は同じアパートに住んでいる)
先生に、様子を見るってどういう風に?と聞くと


朝、息子君と一緒に登校してもらって、教室の後ろに椅子を置いておきますので、気楽に見てください
休み時間の友達との様子、給食の時間や、掃除のときの様子も見ていただきたいんです
あ、お母さんのお昼はお弁当を持ってきてくださいね
1日2日では、息子君が緊張して本当の姿がわからないといけないので、一週間お願いします
実情がわからずに、想像だけで話し合ってもうまくいかないと思いますので 状況を知った上で相互理解を・・・・うんぬんかんぬん・・・


娘の幼稚園が2時までで、幼児連れで参観は・・・と言うと
大丈夫です、隣の空き教室で、絵本でもお絵かきでもさせてくだされば・・・・



どーーーしても、一週間の間、登校から下校まで見せたいようです。



・・・・・それって必要なんでしょうか



学校での様子は、先生がよく知ってくださってると思うので、それを教えてくれたらいいのではないんでしょうか?


それとも私が、「先生はウソをついている!」と言うとでも?


たしかに、面談の時に「学校での様子はわからないので・・・」って言ったけど。


もしかして、これってほんとうは、学校に感謝するべきことなの!?


私、ひねくれまくってる!?


一週間、ずーーーっと親に監視される息子は、相当なストレスだと思うんですけど・・・


私だって、こう見えて結構参ってるのよ!?
毎日、パニックで暴れる息子の姿を見せられるのは正直、辛い。
現実から逃げたいわけじゃないけれど、
教室で泣き叫び、先生や子供たちに奇異なものを見る目で見られる息子を、見守ることしかできない自分を想像すると苦しい。
どんどん追い詰められる・・・・恐怖感


でも、断ったりしたら
状況を見もしないで、無理な要望ばかり・・・・と言われるんでしょうね。


こうなったら、息子が混乱した時間も回数も全部チェックして、きっかけと思われることも調べて報告してやろうか
・・・・と思いながら、やっぱり気が思い。



仕事から帰った夫に話すと


 「ええ? なんだそれ。嫌がらせか~?って感じだな。 あぁ、俺じゃなくてよかった」


って・・・。
人事ですか~~~


なんかもう・・・・・・なんかもう・・・・・・

  「あ゛~~~!!!!」  



そして今朝、
些細なことで息子に当たってしまった・・・
教科書が一冊見つからなくて、どこを探してもなくて
探しなさい!といってものほほんと絵本を見たりしている息子に腹が立って・・・・


「どうしていつもそうなの!」「ちゃんとかたずけなさいって言ってるでしょ!!」


そんなこと言ってはいけない・・・・そう思っているのに
息子をののしる言葉が溢れてくる
そんな自分がとことんいやになって くやしくて
涙がボロボロ・・・・・


息子は
「おかあさんごめんなさい。ボクが悪いんだ・・・」
と自分を責めて泣いている



もう・・・・・私は最低だ。
EDIT  |  10:19  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(12)  |  Top↑

2005.06.22 (Wed)

その後

その後・・・・
なんとか生活しています




担任の先生とは、何度かの連絡帳でのやりとりを通して
今までよりももう少し、気持ちを通わせることができたと感じています


先生も、自分の技量が足りないせいで息子を追い詰めてしまっているのではないかと、自分自身を責めていたようでした


先生がどんなに頑張ってくださっているのか、私は良く知っています。だから自分を責めないで下さい
私も息子も先生のことが大好きなんです


とお話したら、とても喜んでもらえました
そして、担任と親の間だけで抱え込んだりせずに、これからはどんどん他の人の力も借りていきましょう
ということになりました



校長先生とは・・・・理解しあえることはできないかもしれません
というか、私は校長先生の顔を見られなくなってしまいました
でも 悲観ばかりもしていられません
分ってくれる人もいれば、そうでない人もいる
そう思おうと思います。




昨日、午後から雨が降り出したので、娘を幼稚園にお迎えに行ったついでに、息子に傘を届けに行きました


ちょうど休み時間だったようで、クラスメイト達があっという間に私と娘を取り囲むようなかたちになりました
そしてみんなでかわるがわる


「息子君ね~いっつも『ボクはパニックだ~!!』って遠くに走って行っちゃうよ」
「今日ね、プールの着替えの時、○○ちゃんの机の上にパンツを置いたんだよー」
「そうそう!それでねパンツのにおいを嗅がせようとしたら、○○ちゃん泣いちゃったよ!!」
と普段の息子の様子を教えてくれます


私はなるべくにこやかに
「そうなんだ~?困っちゃうね。どうしてそんなことするんだろうね~」
と答えていたのですが、それを聞いていた息子は
がっくりと肩を落として一歩一歩私たちから遠のいていきます


息子を引き止めにいくと、すっかりいじけている様子
「大丈夫、誰も怒ってないから、ね? 帰ってきたらホットケーキ作ってあげるよ。あと少しで学校終わるから早く帰っておいで」となだめて教室に入らせました。


するといつの間にかそこに教頭先生が!!(-_-;)


そこで教頭先生と色々お話しをしました


「今朝の職員会議でも話題に出て、職員全員で対処しようということに決まりました」
「水泳の時間は危険があるかもしれないので、担任以外に手の空いてる職員が必ず監視につくようにしました」


などなどのお話を聞いて
ほんとうはここで感謝しなければいけないんでしょうね・・・
でもチクチクと胃が痛む私。
まるで息子は刑務所で監視されている受刑者のようだな・・・
なんて思ってしまいました。


かれこれ3年近くスイミングを習っている息子は
水の中で危険なことはしないし、泳ぐ前には準備運動して、水に入ってからも、遊んでいい時間とそうでない時間があることくらいはわかっているのに・・・。
大好きな水泳の時間に言うことを聞かなくなるのは、必ずその前に何らかの理由があるんだってことまでは気付いてもらえないようです



それにしても
友達の女の子にパンツのにおいを嗅がせようとしたって・・・
遊びのつもりなんだろうけど、悪乗りしすぎ!!
こういうの積極奇異型っていうのかな
ってか変態!?
やめてくれ~~~~~(T-T)
相手の女の子に謝ってくればよかった・・・・。
どうか相手の親に怒鳴り込まれませんように☆彡 *.:*:.。.: (人 *) 願い事願い事...




EDIT  |  09:02  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

2005.06.17 (Fri)

面談・・・。

昨日の面談 行って来ました


校長・教頭・担任・私の4人での話でした


どうだったかと言うと・・・・・
正直、凹みました




校長先生曰く


・授業中にたびたびパニックを起こして外に飛び出していくのだけれど、高いところに登ったり、境界線ぎりぎりまで出て行って車も通るので危ない


・注意しようかと思うけれど、強く言うといけないと言われると、こちらもどう接していいのかわからずに、引いてしまう


・クラスの子供たちから、いつも息子君だけ特別でずるい、と言う不満もあるようだ


・保護者の方からも、このままではクラスがどうなってしまうのかといった不安の声も出ている


・担任は新卒だけれど、本を読んだり他の先生の話を聞いたり、見ていて可哀想なほど頑張っているので、指導不足だとは思っていません


・通級を希望されていると聞きましたが、この学校にはないので近隣の学校に通う・・ということになってもいいのですね?


・通級をすることになれば、その分受けられない授業も出てくるので、それは放課後等に担任が個別指導をすることになるかもしれません、そうなると下校が遅くなりますがいいですか?


・教育センターに相談したりすれば、なにか「治療」の方法もあるかもしれないので、学校と家庭も連携していきましょう




私は途中から、こみ上げてくる涙をこらえることができなくなってしまって


 「決して先生が指導不足だなんて思っていません、いつも気をかけてくださってありがたいと思っています、どうぞよろしくお願いします」


と言うのが精一杯でした


私自身が不安定だから、悪いニュアンスにばかり聞こえてしまうのかもしれません


でも


20人以上の児童を抱えて、先生がどれだけ大変なのか・・・
何度もそれを繰り返す校長先生を見ていて、


先生の苦労はわかっているつもりだけれど


クラスをまとめるのに必死な担任の先生
担任のフォローや、保護者の方への気遣いをしなければいけない校長先生


じゃぁ、一体誰が息子の辛さを理解しようとしてくれるのだろう


毎日学校に通っているだけで
息子は、クラスメイトにとっても、その保護者にとっても、先生達にとっても迷惑な存在でしかないのでしょうか・・・。


もう、息子と二人でどこかに消えてしまいたい
そんな気持ちが 波のように襲ってきます





今日、思い切って 去年いた学校に出かけました
情緒障害の通級教室のM先生にずっと会いたいと思っていたので。
連絡もなしにいきなり行ったのですが、ちょうど先生がいらっしゃいました。M先生に「あら!○○さん!!会いたかったよ~」と言ってもらえたら うれしい気持ちや今の不安や悲しい気持ちも一斉に溢れてきて「先生~~~」と泣いてしまいました。


一通り、息子の話を聞いて下さったあと、
「私で何か力になれることある?」と真剣な顔で言って下さいました
同じ県内であっても、市町村が違うので前の学校で指導をしてもらうことはできないのに、それでもM先生は自分にできることを一生懸命考えてくださいました


ほんとにほんとにうれしかった。
そして何箇所かの療育施設を紹介してもらって、夏休みにでも息子君と学校に来てね、と言って下さいました


学校を出た後、以前の家の近所のお友達のところに
これまた何の連絡もなく行きました。
それでも気持ちよく迎えてくれる友達が、私の話を聞いて、一緒に泣いてくれることがうれしかった。


少し元気をもらえました。


でもひとりになるとなんだかダメです


立ち上がれるまでにはもう少しかかるかも。
EDIT  |  17:55  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.06.16 (Thu)

校長室に呼ばれる。

金曜日予定の「なんたらセンター」はまたしても延期。
先方の空いてる日が6月30日だけだそうで・・・。


だから、なのか
今日、学校に面談に行くことになりました。
なんと今回は 校長先生も交えてのお話だと言うことで。
緊張・・・・・・


毎日のようにパニックを起こしている息子なので
以前担任の先生に、近隣の学校に通級させるか、この学校で通級のシステムを作ってもらえないでしょうか と話をしていました。
その辺のことの話し合いになると思います。


今の学校には情緒学級も通級学級もありません。
特殊学級がひとつあるだけ。
なので、通級させようとなると 近隣の学校に行くか、自校に作ってもらうしかない。


私的にはどっちでもいいんだけどね・・・。
近隣の学校に行くとすると、私が送り迎えをするわけだけれども
それなら通級クラスでの息子の様子を見ることができるというメリットがあるし、情緒通級学級の専門の先生は、息子の気持ちをよくわかってくれるかも。



自校に作ってもらうなら、息子にとっても私にとっても「通う」という負担が少なくて済むし、先生同士の連絡も密にとれるでしょう。それに息子のクラスメイト達が、息子が時々違う教室に行くことを、他校だと何をしてるのか全く理解できないだろうけれど、自校ならば身近に感じてくれるかもしれない。


どちらにしても、息子にとってよりよい環境を作ることができればいいんだけど・・・・それはやってみないとわからないしね。
いい話し合いができますように・・・。

EDIT  |  12:25  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.06.14 (Tue)

バイオリズム?

今日は、息子の担任の先生と一緒に「なんたらセンター」(←よくわかってない)に相談に行く予定です。


なんでも、校長先生の知り合いの方がいらっしゃるとかで・・・。
私が (=゜ρ゜=)ボヘーーっとしてる間に、校長先生はじめいろんな方が息子に関わってくださっているようです。
有難いですね・・・・。
今日の相談だって、先生は5時間目を犠牲にして行くのです
他の先生にお願いするのかな。
クラスメイト達、ごめんよーー


担任の先生に、自分のクラスを空けて校長に怒られないですか?と聞くと
 「校長が『君も一緒に勉強してきなさい』と言っているので、大丈夫ですよ 」
だそうで・・・・感謝感謝


それだけ気にかけてもらえるということは、「手をかけてやらねばならない状況」であるということでもあるんですけど。


先週一週間、私が滅入ってしまって
  「もう何も見たくない~考えたくな~い」
といじけている間にも、学校では色々な動きがあったようです


教室のすみっこに、「息子ルーム」という場所ができたみたいです
どんなものかは見ていませんが、息子がパニックになりそうになったらそこに行って自分で気持ちを落ち着けるための場所だそうです


それに、文字を書くことがなかなか難しい息子に対して、先生が「感じの宿題、タイヘンだったら半分でもいいよ」と声をかけて下さっていたり、書き順の数字がついているプリントを作ってもらっていたり・・・


それでも息子はなかなか落ち着かないようで・・・
毎日のように教室の外に飛び出していたんじゃないかな
 (上履きのまま外に飛び出すため、靴下が異様に汚れているのでわかる)


わかっていながら現実逃避&電池切れのダメ母でした


やっと少し充電されてきたみたいなので
また頑張ります!!


・・・・ってこの記事を書いてる間に、先生から
 「今日の相談、相手の都合がつかなくて金曜日に延期してください 」
だって


なんか・・・・出ばなをくじかれる


ま、いっかぁ
EDIT  |  12:59  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.06.13 (Mon)

マスコミのチカラ

昨日の発掘あるある大辞典Ⅱ見ました?
今、ところてんが熱いらしいですよ、奥様!
なんでも食べるだけでみるみる痩せちゃうんですって!!


いやいや、でも世の中そう甘くないですよ
にがりダイエットだって、あんなに話題になったのに今では・・・
努力あらずして、成功はない!!ですよ


でも・・・・あれよ?
暑い日には、ところてんなんてものを食べたくなるものよね
まさかそんな メディアに踊らされる私じゃないけど、
偶然今日はところてんを食べたい気分なのよ


・・・というわけでお買い物へ


あれ、あれ、あれーーーー!?


ところてんが一個もない!!


乾燥の棒寒天もない!!!


挙句には、お店の人が隣にいた女の人に走り寄って来て
「すいません、昨日みんなTVで見たとかで、売れてしまって・・・」
なんて会話をしてるじゃないですか


世間のみんな・・・・
情報に流されすぎじゃない?

私の分残しててよ・・・ 
EDIT  |  19:07  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2005.06.10 (Fri)

学級通信

毎週金曜日は、先生からの学級通信があります
今週は担任の先生が研修でお休みだったので、代打の先生の作った学級通信を持って帰ってきました



   「代打先生日記」  


交通教室がありました  

4校時に交通教室がありました。「あさがお号」がやってきて「こうちゃん」と一緒に横断歩道の渡り方の練習をしました。
全校児童が参加する行事(学習)でしたので、おまわりさんに「だれか、前に出てやってくれませんか?」と言われると、ほとんどの子が下を向きましたが、「ハイッ!」と元気よく手をあげる子がいました。われらが息子君です。おまわりさんが見ているところで横断歩道を歩くのはすごく緊張するのですが、手をあげて 右、左、右を見て正しく渡りました。正しくは、歩道の半分までは右側を見て、後の半分は左側を見て渡るのですが、初めてで、みんなの前でこれだけできたのはすごいと、ほめていただきました。やったぁ、さすが2年生の"ヒーロー"息子君でした。
 



先生方が、息子の「居場所」を作ろうとして下さっているのだと
ひしひし感じました。


息子の目立ちたがりな性格も、たまには役に立つようです。
目立ちたがりというのは、反対に友達を失くす原因にもなりかねないですけど・・・。
学校での生活が、より良いものになっていくといいな・・・と願わずにいられません。
EDIT  |  18:14  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.06.09 (Thu)

親の愛

DSC01863s.jpg

母から小包が届きました
子供服に花火にお菓子にビール券
無理しなくていいのに・・・・とため息をつく。


私と母の関係はちょっと複雑で
普通一般の親子とはちょっと違う・・・いやだいぶ違う。
私を産んでくれた人であることには間違いはないけれど。
8年前に『初めて』会った母。

憎い・・・わけじゃない
かといって情があるかと言われると ごめんなさいと言うしかない


できることなら、会わずに暮らしたかったけど
親も兄弟もいない、夫も私以外の子供もいない
そんな母が、私の子供たちを愛しそうに見つめる姿を見て
それ以上拒絶できなかった
私に母はいらないけど、私の子供たちにはお祖母ちゃんの愛情をあげたかったから


1人暮らしの母は、病気を患い入退院を繰り返している
仕事もできなくなってしまったので生活もままならない状態なのに
こんなにたくさん送ってきて・・・・。


引越ししてから まだ一度も母のところに行っていない
きっと会いに来て欲しいんだろうな
わかってはいるんだけど
ただでさえ、息子のことで精神的にもいっぱいいっぱいな私には
母に優しい言葉をかけてあげる余裕がありません


もともと私は、「親を愛する心」というものを
どこかに捨ててしまっている


だから神様は
私の息子にこんな荷物を負わせたのでしょうか


親を愛せないぶん
子供を深く深く愛しなさいと・・・
子供を通して 親の愛の強さを感じなさいと・・・


それならば
子供の頃の私は ずっと泣いていればよかったの?
愛してくれない両親を求めて
ずっとずっと寂しいと泣いていればよかった?


あぁ・・・そんな話じゃなくて


母上様 洋服を送ってくださるならリサーチしてからにしてください
8歳の子に100cmの服は無理です・・・
逆立ちしても着られません
うぅ、もったいない!!
もったいなくて眠れませんから!
EDIT  |  13:08  |  つぶやき・・・。  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.06.08 (Wed)

夫の憂鬱

夕食の時、夫が呟きました


 上司がさ・・・言うんだよ


 『お前ほら!あれに似てるな!!』って アクションつきで。


その場足踏みで大きく手を振る夫。


 ん~~? 自衛隊・・・?


 (*゜ロ゜)ハッ!!



   あるある探検隊!あるある探検隊!!  


そう・・・・この人でした
お笑いコンビ「レギュラー」の 西川 晃啓さん


 似てるかなぁ・・・俺的には「よゐこ」の有野止まりだと思ってたんだけどな←ちょっと凹んでる様子


夫の中での基準によると 有野晋也>西川晃啓 のようです どっちもどっちのような・・・


 その上司の人、目が悪いんじゃない~!? 私から見ると、夫は間違いなく「坂口憲二」よ!!


人の見る目っていろいろなんですね~~~
え?誰の判断が一番正しいかって?



   もちろん私です! 
EDIT  |  11:35  |  愛する夫  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2005.06.07 (Tue)

昼下がりの会話

学校から帰ってきて おやつを食べている息子


 「お母さんも子供の頃 おやつ食べてた?」


 「ん~~・・・あんまり食べてなかったかも」


 「どうしてー?」


 「どうしてって・・・どうしてかな。ビンボーだったし・・・」


 「わかったっ!!!」


 「アメリカが爆弾を落としたからだねっ!」
 


 「Σ( ̄[] ̄;)!!! 爆弾ってアナタ・・・お母さんはこれでもめちゃめちゃ戦後生まれよ!新人類なのよ!!」


 「そして町は燃えて・・・人々はみんな死んでしまったんだ・・・ひどいよ・・・ブツブツ」
   ↑
 もう私の話は全然聞いてない 自分ワールドに没頭中


この誤解 いつか解かねば・・・・。
EDIT  |  15:54  |  子供達の日常  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.06.06 (Mon)

ふりだしに戻る

土曜日に、隣町の療育クラブにお邪魔しました。
4人の小学生がいて、ダウン症の子、言葉の出ていない自閉症の子など、息子とは少しタイプの違う子供たちのようでした。
そこの園長先生に色々お話を聞いていただきました。
同じ年代の女性の園長先生だったこともあって、親身になって聞いてもらってるうちに、またしても涙・涙・・・。
 

相談センターで、近隣の小学校の情緒学級への通級の話が出たことを話すと、翌日がちょうどそこのすぐ近くの学校が日曜参観なので、一緒に見学に行きませんか?と言ってくださいました。
そこの情緒学級には、その療育クラブに通っていた子供がいるし、うちの息子と似てるところがあると思うということでした。


一人で見学に行くのはなかなか緊張なので、好意に甘えさせてもらうことにしました。
その日、私が話している間 息子はご機嫌で遊んでいました。
カレンダーを作ったり、スライムをもらったり・・・。
帰り際には
 「土曜日になったらまた来るよ~!」
と勝手に約束(!?)までしていました。


  *******************************************


日曜日、息子を連れて療育クラブの園長さんと一緒に日曜参観へ。
特殊学級には二人の子供がいるのだけど、1人はお休みで、
六年生の男の子が1人いました。
息子と同じ障害の子かな・・・。
自分の興味のあることをずっと話していました
先生は昨年まで養護学校にいらっしゃった方だそうで、やっぱり子供との接し方が上手だな・・と思いました。
授業参観だったにもかかわらず、うちの息子も授業に入れてもらいました。
1時間目はふれあいの時間。と言うことで、しゃぼんだまをして遊びました。ただ遊ぶだけではなくて 事前にシャボン液を手作りしたりする活動もしていたようです。
息子はとても喜んではしゃいでいました。


違う学校に来ても、いきなり授業に参加することになっても、全く動じない息子。
昨日も療育クラブで、知らない場所・知らない人たちの中で活動したのに全く人見知りもしない息子。
なんだかそういうところも「自閉」ならではなのかな・・・なんて思いました。


2時間目は算数でした
先生と生徒が机を対面にくっつけて、一対一でプリントをしていました。
こういう学習だったら、息子もパニックを起こしたりすることもなく、ゆっくり息子のペースで理解していけるかもしれないな。と思う反面、
これでは社会性は身につかないんじゃないかな・・・と思ったり。
授業の間、自分の趣味の話を勝手に始める男の子を先生はうまく勉強に誘導している感じでした


休み時間にその先生とも少しお話をしました。
そこのクラスは、情緒学級だけれど、通級ではないようです。
6年生の男の子は、通常はその情緒学級に在籍していて、時々親学級(普通級)に行くという、「逆通級」のようです。
ここに息子を通級させるのは無理そうです。


今通っている学校には情緒学級がないので、特殊学級の先生でもいいし、他の先生でもいいので、時々息子を一対一で見て下さるような体勢ができたらいいのかもしれません。


でも、この2日間で私が一番強く感じたことは・・・・・。


こんなこと、ほんとうは言ってはいけないとわかっています
でも・・・・・・・


障害をもつ子供たちを見て
私の息子も、回りから見るとこうなのかと・・・
痛いほどに共通する部分を感じているのに
心が納得してくれません・・・・・
私はまだ、息子の障害を受け入れることができてない・・・


どうにかすれば「普通」になれるんじゃないか
でも、無理させると息子は辛い思いをするばかりだ
現に今、息子は苦しんでいる
助けてあげたい・・・



そんなことが頭の中をぐるぐる 繰り返し駆巡っている






EDIT  |  15:10  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.06.03 (Fri)

先生と面談

今日は息子の担任の先生との面談でした。
あまり長い時間は話せなかったけれど、今まで知らなかった息子の様子をたくさん聞くことができました


その内容は・・・・・
困ったものばかりで。


息子は毎日のように、教室を飛び出すことがあるらしいです
それを友達が連れ戻そうとして パニック。
体育の授業もほとんど受けられず、毎回見学だとか・・・。
叱られたり(自分でなくほかの子が怒られている時も)
、うまくできないことに混乱して、
 「ボクはもう死んだほうがいい」
と言い出したり、自分の頭をげんこつで何回も何回も叩いたり・・・


私が思っていた以上に、息子は苦しんでいます


私は何をしてあげればいいのでしょう・・・・


家に帰り着いてから、いてもたってもいられず
近所で発達障害児の療育クラブに電話しました
ほとんど未就学児を対象にしているところらしいのですが
園長先生が話を聞いてくださって、よかったら明日にでも来てください と言って下さいました。


誰でもいいから
息子を助けてください・・・・


そんな気持ちでいっぱいです。
EDIT  |  19:04  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(7)  |  Top↑

2005.06.03 (Fri)

褒めよう!!

昨日の療育相談で、心理士さんに言われたことは


 「言っていいこと、悪いことをその都度都度で教えて、たくさんの引き出しを作ってあげましょう」
 「いっぱい褒めてあげましょう」



ということでした。
基本ですね。でも、忘れがちなこと。


早速昨日 学校から帰ってきた息子の連絡帳を見ると
 息子さん、スイミングでAクラス(上級クラス)だそうですね!友達が「息子くんはすごいんだよ!」って教えてくれました
とありました


Aクラス!?
(゜ロ゜;)エェッ!?
聞いてないよ~~~~~~!!!!
全然知りませんでした(^-^;


 母「ねぇ、スイミングでAクラスなの?」
 息子「ん~~・・・わかんない」
 母「わかんないじゃなくて~!! スイミングの時、上手な組にいるの?」
 息子「そうかもぉ・・・」
 母「すごいね!!上手なんだね~!」
 息子「うーん」
 母「すごいよ!頑張ってるもんね!!」
 息子「え・・・」
 母「息子、すごーい!!!」
 息子「ほんと?(*゜▽゜)」
 母「ほんとだよ~!すっごいすっごい!!!!」
 息子「やったー!!」←ここで初めて褒められてることに気づいて、喜びのピョンピョンジャンプ!


息子、鈍すぎ~~~(^-^;
でもそれだけ、褒められ慣れてないってことだと思います
散々叱って育てたもんなぁ・・・(反省)
手もしょっちゅう上げてたし・・・(後悔)


昨日の療育相談で、叱ってばかりいて きっと息子は自己評価がとても低いんです・・・と泣いてしまった私に
「そのことに今気付けて良かったじゃないですか。きっとこれからよくなります」と言ってくれた心理士さん
ありがとう


こんな私にでも、こぼれそうな笑顔をくれるかわいい息子
ありがとう


息子に恥じないだけの母親になりたいです・・・。

EDIT  |  13:20  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.06.03 (Fri)

療育相談

昨日は県の児童総合相談センターと言うところに療育相談(・・・というか愚痴を言いに!?)行って来ました。
ここは、息子が入学前に診断を受けにいって、その後も2回くらいは行っている所です。
心理の先生ともすっかり顔馴染みなので気が楽です。
息子はこの前違う病院で検査を受けたばかりなので、今回は学校に行かせている間に私だけが出かけました。


広汎性発達障害という診断名を出されて、少なからず動揺していること。新しい学校の担任は新卒の先生で、熱意は感じるけれどやっぱり不安もあること。息子がお友達とうまく付き合えてないようだという事。などなど色々聞いてもらいました。


以前の学校には通級教室があり、二回ほど行ったのだけど
その時はまだはっきり診断されていなかったので、通級の必要があるのかどうか、判断しかねていたのだけれど
転校して、診断されてはじめて 
  「前の学校に戻りたいよ~~!! 通級の先生いい人だった~~!!!」 
と改めて気づいたダメ母に
 「今の学校の近隣にも通級のある学校があるはずなので、通うことも可能ですよ」 
と心理士さんが天使のような一言を。
  「ほんとですか? 行きます!!すぐにでも行かせます!!」 
とノリノリの私に、
 「まず見学したほうが・・・」
 「通級と言っても、内容はどんなものなのか・・・」
 「先生によっても色々ですし・・・」
 

となんだか奥歯に物が挟まったような心理士さん
挙句には、センターの他の人と
 「だってほらあそこの学校はこの前・・・」
 「そうですよねぇ・・・」 
なんて 超意味深なお言葉!!!
な・なんなんでしょう・・・・小心者なのでドキドキします(泣)
結局何があったのか分らないのですが(聞けなかった・・・後悔)、見学して気に入ったら通級してみたら、ということでした。
なんだか一気に、通級への意欲トーンダウンなんですけど・・・・
でもまぁ、見学には行ってみようかなと思います。
私が見て、良し悪しが分るのかどうかは疑問ですけどね(^-^;


そのあと、いくつかの 発達障害の子供を支援している団体などを教えていただきました。
家から遠かったり、未就学児がほとんどのところだったり、重度の自閉症の子供たち対象のところだったり、なかなかしっくり来るものはないのですが。
でも何かしなくては・・・と、そんな思いに駆られています。

EDIT  |  12:42  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.06.01 (Wed)

大好きな詩 (BlogPet)

きょうは、ここまで生活しなかった?
今日は*ぷちとま*の実家に里帰り中です。 去年夫が裏庭に植えたワサビがずいぶん大きくなりました。 実家が田舎でよかったと思える貴重な機会です(笑)コメントをくださっている皆様ありがとうございます。 月曜日にお返事しますね!
*このエントリは、BlogPetの「*ぷちとま*」が書きました。
EDIT  |  12:24  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.06.01 (Wed)

大好きな詩

以前どこかのサイトで見つけて、大泣きしてしまった詩がありました。
その後、もう一度その詩にめぐり合うことができずに半ば諦めていたのだけど、今日再会!! 
何回読んでも心に響きます。



     『わたしがあなたを選びました』  


おとうさん おかあさん
あなたたちのことを こう 呼ばせてください。
あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て
わたしは地上に降りる決心をしました。
きっと わたしの人生を豊かなものにしてくれると感じたからです。
汚れのない世界から地上に降りるのは勇気がいります。
地上での生活に不安をおぼえ 途中で引き返した友もいます。
拒絶され泣く泣く帰ってきた友もいます。
あなたのあたたかいふところに抱かれ 今 わたしは幸せを感じています。


おとうさん
私を受け入れた日のことを あなたはもう思い出せないでしょうか?
いたわりあい 求め合い 結び合った日のことを
永遠に続くと思われるほどの愛の強さで わたしを誘った日のことを
新しい いのちのいぶきを あなたがふっと予感した日のことを
そうです あの日 わたしがあなたを選びました。


おかあさん
わたしを知った日のことをおぼえていますか?
あなたはとまどいました。
あなたは不安におそわれました。
そしてあなたは わたしを受け入れて下さいました。
あなたの 一瞬の心のうつろいを わたしはよぉくおぼえています。
つわりのつらさの中で
わたしに思いを向けて自らを励ましたことを
わたしをうとましく思い もういらないとつぶやいたことを
わたしの重さに耐えかねて、自分を情けないと責めたことを
わたしは よぉくおぼえています。


おかあさん
あなたとわたしはひとつです。
あなたが笑い 喜ぶときに わたしは幸せに満たされます。
あなたが怒り 悲しむときに わたしは不安に襲われます。
あなたが憩い くつろぐときに わたしは眠りに誘われます。
あなたの思いはわたしの思い
あなたとわたしはひとつです。


おかあさん
わたしのためのあなたの努力をわたしは決して忘れません。
お酒をやめ 煙草を避け 好きなコーヒーも減らしましたね。
たくさん食べたい誘惑と本当によく戦っていますね。
わたしのために散歩をし 地上の素晴らしさを教えてくれましたね。 すべての努力はわたしのため あなたを誇りに思います。


おかあさん
あなたの期待の大きさに ちょっぴり不安を感じます。
わたしの顔はあなたをがっかりさせるでしょうか?
わたしの身体はあなたに軽蔑されるでしょうか?
わたしの性格にあなたはためいきするでしょうか?
わたしのすべては 神様とあなたたちからのプレゼント
わたしはこころよく受け入れました。
きっとこんなわたしが いちばん愛されると信じたから。


おかあさん
あなたにまみえる日はまもなくです。
その日を思うとわたしは喜びに満たされます。
わたしと一緒にお産をしましょう。
わたしがあなたを励まします。
あなたの意志で廻ります。
あなたのイメージで降りていきます。
わたしはあなたをこよなく愛し、信頼しています。


おとうさん
あなたに抱かれる日はまもなくです。
その日を思うとわたしの胸は高鳴ります。
わたしたちといっしょにお産をしましょう。
あなたのやさしい声が わたしたちに安らぎを与えてくれます。
あなたの力強い声が わたしたちに力を与えてくれます。
あなたのあたたかいまなざしが わたしたちに励ましを与えてくれます。
わたしたちはあなたをこよなく愛し 信頼しています。


おとうさん おかあさん
あなたたちのことを こう 呼ばせて下さい。
あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て
わたしは地上に降りる決心をしました。
きっと わたしの人生を豊かなものにしてくれると感じたからで
す。


おとうさん おかあさん
いま わたしは思っています。
わたしの選びは正しかった と。


わたしがあなたたちを選びました。
  



        『わたしがあなたを選びました』
      作者:鮫島浩二(中山産婦人科クリニック副院長)



これは産婦人科のお医者さんが作った詩だそうで、本にもなっているそうです。

わたし達を選んでくれた私の子供たちは
正しい選択をしたと思ってくれるでしょうか・・・・。
EDIT  |  10:52  |  つぶやき・・・。  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。