07月≪ 2005年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.08.29 (Mon)

ADHD

担任と少し詳しく話してみました


今度一緒に児相へ相談に行くことになっているのだけれど、
その前に話したいこともあると言うので。


先日担任は、教育センターで特別支援のための研修を受けたそうです

その時の話によると、
特別支援の必要な子供が過ごしやすい環境を作ることは、
他の子どもたちにとっても過ごしやすい環境になるのだそうです。

そのために、発達障害の子も、定型発達の子も
同じように快適に過ごせるための環境作りをしなくてはならないんだそうな
これを、「ユニバーサルデザイン」というそうです


確かに、素晴らしいと思います

・・・・・・・・・実現すれば。



でも、それをどう実行していくのか
私の頭の中にはイメージが沸きません

絵カードを使ってみるつもりです。
と担任はイキイキした顔で言っていました


絵カードかぁ・・・・・
効果あるかな
なんでも、ためしてみるのはいいかもしれません。


その後も色々話していて
気付いたことがありました


私は今まで、息子の学校での問題点は
ズバリ「パニック」だと思っていました
・・・というか、息子の問題行動の原因はすべてパニックによるものだと思っていました


でも、担任が見る息子の問題点は少し違うようです

もちろん、パニックも問題なのですが
それとおなじくらいか、あるいはそれ以上に問題なのは
「離席」だったようです


私は、息子の離席はパニックが原因で起こるものだと思っていました
混乱して、いたたまれなくなって、教室を飛び出してしまうのだと。


でも実際はそうではないらしく

* パニックのときは、教室を飛び出すことはあまりなく、その場で泣いたり寝転んだりする

* 離席はパニック状態のときではなく、課題に取り組みたくないとか、集中できないとか、問題の数が多すぎるからとか そういう理由に見える


うーーーん。
ショック


それは典型的なADHDって雰囲気


私は、息子はADHDではないと思っていました。
多動と言われるような行動が 学校ではあるけれど、
それは他の心理的な問題から、出るのだと思っていました。


私の知っている息子は、どちらかというとおとなしくて
「普段から落ち着きがない」というような状態ではないから・・・


私はまだまだ、息子のことをわかっていないのかな。






スポンサーサイト

テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  14:23  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(9)  |  Top↑

2005.08.25 (Thu)

児童総合相談センター 略して『児相』

先日相談に行って来ました。
息子を連れて行くのは一年ぶりです

私ひとりでは、転校したてのときに相談に行ったり、電話で話を聞いてもらったりしていました。

担当の心理士さんがとても親身に話を聞いてくれます


今回は、作業療法士さんに息子の成長具合を見ていただきました。
検査結果には特に問題はなかったようです。
去年と比べても、ちゃんと成長していますとお墨付きをいただきました


ただ、今の学校での様子や、学校の対応の仕方などについての話になると、とても心配だと言われました。


息子が「ボクがちょっかいものだからいけないんだ」と言って
教室に入れなくなってしまうことや
「心と体をもっと健康な人と変えたい」と泣いたことなど、2次障害が出ているように思えると・・・。

私から、他校や自校の特殊学級への通級をお願いしていたけれど
県教育センターで「息子君は普通学級でやれる力を持っているので、まずその方法を考えるべき」と言われて、通級の話は立ち消えになってしまった経緯もあり、それについても

「息子君は今でも精一杯頑張っていると思いますよ。それでもうまくいかないこともあるし、理解力があるから余計に、周りの人が自分をどう評価しているのかわかっていると思うんです。パニックや自己評価が低くなってることは、息子君の『辛い』って気持ちのサインじゃないかな・・・それを、もっともっと頑張れって言うのはどうなんでしょう・・・。」
と言われました。


どっちが息子にとって本当に大事なのか
私にはよくわかりません。

みんなと同じにできるように、努力を続けることももちろん必要です
でも、努力を強い続けていたら 息子は壊れてしまうかもしれない
そんな不安があります。


なによりも、学校の対応よりも、ここのセンターの方の言葉に
「愛情」を感じるのです。
優しくしてくれる人に、自分を甘やかしてくれる人に親しみを感じてしまっているだけなのかも・・・・・と思う気持ちもありますが。


作業療法士さんと心理士さんが、息子のために真剣に話し合ってくれました
このままではいけないと。
学校に意見書を出そうかとか、もしくは、今一番学校に影響力を持っている教育センターに陳情に行くべきかとか。
その日は、どうにか対応を考えましょうということで終わりましたが
今日ついさっき、電話をいただきました


相談した結果、
2学期が始まる前に、もう一度児相に相談に行くことにしました。
できれば、担任の先生も一緒に。
そこで、具体的な対処法などをお願いするつもりです。
もし、先生が一緒に行けない場合は、学校側にお願いをする文書を一緒に作りましょうということでした。


ありがたいなぁ・・・・


先生が一緒に行ければいいんだけど。

今夜電話してみます。




テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  16:17  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.08.25 (Thu)

2学期へ向けて

もうすぐ夏休みも終わりです

にわかに私と息子の周りもバタバタとしはじめ、
のんきに過ごしてきた私も心がわざわざと波立ってきました



学校行きたくなーーい!!!


息子がそんなことを言うわけがありません

そう、これは私の心の叫び



一週間ほど前に、担任からの連絡が。



「1学期の後半は、息子君もとてもよく頑張っていましたが、2学期には、また調子が悪くなると思います。
今度は一日おきくらいでいいですので、また学校に見に来てください。」




またですか・・・・・・orz
しかも、2学期始まる前から、悪くなること前提なのね・・・

たしかに、長い休みの後だし
またパニック&多動がフル稼働になるかもしれないよね

事前に予測して、対処法を考えるのは大切かもしれないね


でもさ・・・・・・
うまく言葉で表現できないけど、
さびしいな。


もっと・・・・・こう
大きな心と愛情で包み込んでくれるような
そんな先生はいないのかな


・・・・・・・・・・無理ですか




テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  14:58  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.08.18 (Thu)

おけちっ!

最近息子はよく言います


「娘ちゃんのおけちっ!!」


その言葉は全て妹に向けて発せられます


でもそれを言うとき、息子はいつも笑っているので
それほど敵意を持っているとは思えません


言われた娘の方はというと・・・・

気持ちいいくらいに毎回怒ります


そして毎日


「おかーーさん!お兄ちゃんが『おけち』って言った~~~!!

と訴えてきます



どうやら、娘のその反応が面白くてからかっている息子・・・・



もう~~~!!!毎日毎日ケンカばっかりして うるさいんじゃーーー!!!!!


と逆切れしたのも一度や二度ではありません(恥)


でも子供って、どうしてこうも、どうでもいいことで怒ったり泣いたりできるんでしょう・・・・

本人にとっては、どうでもいいことではないのかもしれませんが



なので、娘に聞いてみました

「おけちって、どういう意味だと思う?」

すると

「わかんない」

意味もわからず怒ってたのかい・・・・

じゃぁ、その言葉の意味を「楽しい」と思えれば、ケンカもなくなるかも!!と私はひらめきました


「おけちってさぁ~『おケツ』と似てるね!」

この言葉に、下品大好きな娘は目を輝かせました

「きゃははは!!!ほんとだーーーーー

「だから、お兄ちゃんが『娘ちゃんのおけち!』っていうのは、娘ちゃんのおケツ大好き!って言う意味かもしれないね

「そうだね~~~!!!おもしろいーーーーー あはははははは



うまくいったわーーーー



すると背後に仁王立ちの息子


「ちがうよーー!!ちがう・ちがう・ちがうのっ!!! おケツじゃなくて『ずるい』っていう意味なんだってばぁぁぁぁ!!!!


うわ・・・・怒ってるぅ


「そっか~『ずるい』って意味だったんだね~お母さん気付かなかったよ!よしよし・・・・ぎゅーーー♪息子くん大好きよ~~


「ふぅ~~ん・・・(落ち着いた) ボクもお母さん好きっ」



・・・・・・・・・・・してやったり







テーマ : 夏休み日記 - ジャンル : 日記

EDIT  |  16:55  |  子供達の日常  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2005.08.15 (Mon)

自由研究

夏休みの宿題も なんとか片付きつつあります


私自身は、夏休みの終わる前に
全ての宿題を終わらせたという経験が・・・・ない!!

なので子供にはそんな苦しい思いはさせないようにしようと思っています


でも、私一人ではどうにもできない宿題がひとつ。


自由研究 です


夫と相談して、
虫好きな息子がやる気になるものを・・・・と考えて
セミの抜け殻採集にしました

昆虫採集でもいいけれど、
死骸を標本にするのに抵抗があったので。私が


セミの抜け殻なら、たくさんありそうだし、死骸じゃないもんね!


種類ごとに分けて、きちんとした標本を作ろうかとも思ったけれど

抜け殻、アブラゼミばっかり!!!


途中で「ヤゴ(トンボの幼虫)の抜け殻」や、「ヘビの抜け殻」も見つけて

「これも入れるっ!!」
と息子がきかないので標本はやめて、
木や森の絵を書いて、その絵の上に虫ピンで抜け殻を刺していくことにしました。


もちろん絵は息子が全部書きました!!


そこに、本当の姿と同じように



ニイニイゼミやツクツクホウシは木の下のほうに

アブラゼミやクマゼミは木の上のほうや葉っぱに

小さな池を書いて、ヤゴをそこに

枯葉やマツボックリやどんぐりもくっつけて、地面のところにヘビの抜け殻を置きました。


結構上手にできたよ!!


貼り付けたのは息子ではなく、私と夫ですが・・・・
 (その頃には、息子はもう集中力がなくなっていた・汗)


箱の上に、透明のプラ板を貼り付けて出来上がり★


うーーーーん。マンゾク


「私が先生だったら、コレ絶対褒めるんだけどな~~~」
と、すっかり自画自賛モード夫婦です


虫や抜け殻が苦手じゃない方は見てください



セミの森
写真はプラ板を張る前に撮ったものです



テーマ : 夏休み! - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  16:47  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.08.10 (Wed)

責任の所在

夏休みに担任の先生が 算数の補習をしている
一学期に充分理解できなかったところを個別で教えてもらえるそうで
もちろん、希望者のみ参加


毎日息子に宿題をさせているのだけれど
どうにも理解できていないと感じる部分が多いので
参加させることにした。

でも、参加だけしてもいつものように多動&パニックでは困るので
私もついていくことに。

もちろん事前に担任の許可も得た。


その時の話なのだけど

私:「先生、私も一緒にいってもいいですか?」

先生:「はい!もちろんいいですよ~~!! それに課外授業の登下校がですね 子供だけでは学校側としても責任が取れないっていうことなので、親御さんに送り迎えして欲しいと言われたんです。」


私:「あぁ・・・・そうなんですかぁ。 ま、よろしくお願いしますね」


このときの話はそれで終わりなんだけれど
先生の言葉が喉に刺さったトゲのように、なんだかずっと気になっていた。


学校側としても責任が取れないって・・・・
たしか4月にも同じ言葉を聞いた。


児童の自転車について

1・2年生は自転車に乗らないでください
事故等があった場合に、学校側が責任が取れないということなので・・・と先生は言った


その時もすごく不思議に感じた

以前の学校でも、自転車に関する規制はあった。
1・2年生は「公道で乗らないように」だったと思う。

規制は確かに必要だと思う
危険なことがたくさんあるから。

だからといって、
乗らないでっていうのはどうでしょう・・・?

自宅の庭でも公園でも、とにかく乗ること自体がダメらしい。
しかも理由が学校が責任を取れないからって・・・

子供の安全や、遊びを楽しむ気持ちは全部後回しで
まず、責任の所在が大切なのか・・・・


学校ってこんなもんなのでしょうか
私は前の学校しか知らないから分からないけど。


なーーーーんか
あの校長らしいわ


そう思うと、私や、もう一人の問題児君のお母さんへの態度も納得。

「教師の指導不足ではない」
「本人の甘えではないか」
「家庭でのしつけに問題はないか」


等々の発言の意味も

学校側として責任が取れないからなのね。

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  13:31  |  つぶやき・・・。  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.08.05 (Fri)

話題がないので・・・

夏休みも中盤


毎日 のんびり・まったり・だらだら・のんべんだらり と過ごしています

ブログに書くこともないの~!!
学校にも行ってないわけだしね。


なので今日は、息子の成育歴について記事をUPしたいと思います


でも、今から思い出して書くわけではありません

以前HPを作っていたときにUPした文の使い回しです(ナマケモノ・笑)


診断を受ける前に書いたものです。
でも今読み返してみると、

あっ・それ・・・・
それを言っちゃダメよ~私
そうか・・・そうだったのね


みたいなところがたくさんあります。

無知ってこわいわーーー


*****************************************



私が母になった日 (出産時の話)

おっぱい星人 (~1歳3ヶ月まで)

断乳決行! (辛かった断乳)

夜泣き (七転八倒)

自閉症!? (1歳半検診から幼稚園入園まで)



*****************************************




EDIT  |  17:09  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.08.02 (Tue)

降臨!

最近息子に「どうして?」の神が舞い降りました


「どうして森の中には山があるの?」

「どうして山の中にはマグマがあるの?」

「どうして飛行機って値段が高いの?」



などなど・・・・



答えるのに困る疑問ばかり


アンタは どちて坊や かい!!!




そういえば2・3歳の頃に通るべき「どうして?」の道を通らずに育っちゃったかも・・・・


それが今やってきたってことかな・・・・


うーーーん。 どうやって答えよう



EDIT  |  08:56  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.08.01 (Mon)

不覚にも・・・・・・・・

昨日の『報道特集』見逃しました・・・・・


家族で出かけていて、帰宅したのは午後6時

何の迷いもなく「ちびまる子ちゃん」を見ていた私


DVDレコーダーも故障中だったので
当然録画もできず・・・・・


当日の朝までは覚えてたのに~~~~!!!


新車の納車で浮かれてたんだね・・・・私。



えーーーーん
EDIT  |  08:49  |  つぶやき・・・。  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。