08月≪ 2005年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.09.29 (Thu)

学校での様子(9/28)

教室を覗いてびっくり!!



息子の席は、一年生のときから 最前列・教卓のまん前 がお決まりの席

そしてお隣の席は、おとなしめの女の子 が定番でした



席の場所は変わってないんだけど


隣の席が


なんとH君!!!



あ、H君というのは、もうひとりの多動君なのです

多動は同じでも、息子とはだいぶタイプの違う子


私は専門家じゃないから詳しくわからないけれど

自閉傾向はほとんどないような???

こだわりやパニックということはないみたいだし
運動神経も抜群で
友達との関わりも上手(でもいつも問題を起こすので、同級生、特に女の子にやや煙たがられている様子で、それに怒ってケンカになるんだけど)

ただただ、多動。 激しく多動。

他害・汚言あり
でもじっくり話してみると、決して悪い子ではなく「感じやすい子」だとわかる

そういう感じの子なんだけど
その子が息子の隣になってました


大丈夫かなぁ・・・・

でも、先生にしてみれば、やっぱり手のかかる子は
先生の近くがいいもんね。



すると、休み時間に先生が


「席替え、思い切ってみましたぁ~~」


と話しかけてきた。


先生の言い分によると、H君は案外世話焼きタイプだそうで(家に小さな妹がいて、いつもお世話してるんだそう)
H君にウチの息子のお世話をしてもらえば、もしかしたら何かいい方向に変わってくれるんじゃないか・・・・

ということらしいです。


うちの息子、授業中は、最近脱走はしなくなったけど
生あくびダラダラでボーーーーーっとしてるか、ファンタジーの世界に入っちゃってるので
教科書も開かない、ノートもとらない状態。


その息子のお世話をH君がしてくれれば、息子にもいいかもしれないし、
H君も多動が少なくなるかも・・・
と思ったんでしょう。


なるほどねぇ・・・・・・・・・。


でも正直、無理だと思う、私は。


息子は第一、H君のことがあまり好きでないらしい。
押しが強いと言うか、すぐに怒ったような話し方をするから
苦手なんじゃないかな。

その子がいつも隣にいて、全てのことにあーだこーだと口を出してきたら
きっと息子は相当パニクるだろうなぁ・・・・


そんなことを考えながら

「うまくいくといいですけどね・・・・」と言うと


「でも昨日、息子くんパニックになっちゃって・・・H君にいろいろ指示されるのが嫌みたいで」



あぁぁぁぁ・・・・・やっぱり

強い口調で強制されたら、きっとそうなるよね



でも先生が、

「しばらく試してみて、うまくいかなかったらまた変えます」

と言っていたので、それ以上は何も言わずに帰って来ました



先生も試行錯誤なんだよね


たぶん、またすぐ席替えになると思う

それまで・・・・・頑張れ、息子!!




スポンサーサイト

テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  15:55  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(10)  |  Top↑

2005.09.27 (Tue)

学校での様子(9/27)

見に行ったときは、ちょうど体育の授業中でした。

整列や入・退場の練習をしているところだったのですが
校庭の端っこに座り込んでいる息子を見つけました


そばに歩いていくと
私の姿に気付いた息子は

「あっ、お母さん」

と言って、慌ててクラスメイトの列に戻っていきます


そしてその後は、いつものように
時々私の方を振り返っては、かわいい笑顔でVサインをしながら
「ちゃんと出来てる」ことをアピールしていました


ちょっと心配・・・・・


やっぱり息子は、私が見に来ることで
無理をしてるんじゃないのかな


授業が終わってから、さっきはどうしたの?と聞くと

「あのね、大玉ころがしで負けたのがちょっと悔しかったの・・・でも、その後勝ったし、いいんだよね!」


うん、うん。
負けたっていいんだよ



でも、ほんとにそう思っているのかな

私の前では、勝敗にこだわらない「いい子」を演じてるんじゃないかな


今までずっと、繰り返し繰り返し
負けることはダメなことじゃないんだよって言い聞かせてきたけれど

それを納得してくれているように感じていたけれど

実は納得したのではなくて、そう思って欲しいっていう
親の気持ちにこたえようとしてくれてただけかもしれない



なんだか、今まで親としてやってきたことが
全て間違っていたんじゃないかと思いはじめてる
自分の気持ちを抑えて、我慢することを教えて
それが出来たら褒めて褒めて・・・・

でもそれは、本当の息子の姿じゃない

ほんとの気持ちを隠している時にだけ褒められたら
息子はどう思うだろう・・・・


それよりも、悔しいとき、悲しいとき
一緒に「悔しいよね」「悲しいよね」って言ってあげることが大事だったんじゃないかな


でも、社会で上手に生きていく術も教えてあげたい気がするし・・・


うーーん。
どうなんだろう

テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  17:43  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.09.26 (Mon)

素敵な本に出会いました

最近私は図書館に通っています

借りるのは、ほとんどが発達障害や自閉症関連の本です。


「光とともに・・・」も置いてあって、6巻まで読みました(今頃ですが
7巻と8巻が、まだ貸し出し中だったので
他に何か興味を持てる本はないかな・・・・と探しているときに
その本を見つけました


【違うってことはもっと仲良くなれること】
山元加津子 著



最初のページをなんとなくめくってみると
そこから本を閉じることができなくなり、一気に最後まで読みました


読み終わったとき、私の顔は涙や鼻水でひどいことになっていたのですが、でもほんわか優しい気持ちになりました



著者の山元加津子さんは、養護学校の先生です。
なんというか・・・・とてもかわいらしい先生。
生徒さんたちと、深く心を通わせる「友達」になれる先生です


先生の目線から見る生徒さんたちは、
みんなキラキラ輝いています


なんだか、改めて「目からうろこ」な気分です


みんなと同じにできることにこだわってしまう私は愚かです
社会で生きていくためには、それなりの社会のルールを身につけることはもちろん必要だけれど、
でもそれが一番じゃない。

息子の素晴らしいところをもっと見よう
この子の心に寄り添うことが、私の一番の喜びだと
そう思いました。


山元加津子さんはHPをもっていらっしゃいます
その中に、本と同じ内容がたくさん書かれています
たくさんの愛や優しさに触れることができますよ


たんぽぽの仲間たち
 HPへジャンプできます


私もまだ、全部は読めていませんが
大ちゃんという子の詩はとっても素敵です
それに、「たくさんの気持ち」の中の「みっちゃんの気持ち」は私のお気に入りです。

テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  10:12  |  つぶやき・・・。  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.09.24 (Sat)

並行面接

22日は、久しぶりに某大学のプレイセラピーの日でした


実は前日まで予約を入れてたことを忘れてました

先日に、「あれ、そういえば9月の後半に大学だったよね・・・いつだったっけ・・・・ごそごそ(予約カードを確認) わっ!!!明日だ~!!」って感じで。

コレが不思議なことに、その予約を思い出すまでの私は
非常に心理状態がよろしくなかった

小さなことでイライラしたり不安になったり泣きたくなったり・・・
自分で感情のコントロールがうまくいかなくて、子供たちにもそっけない態度ばかりとってしまっていた

それが予約を思い出して確認した途端!!
厚く広がっていた雲が晴れていく感じというか
なんともいえないモヤモヤがすぅーーっと消えていく
大学の先生と、どんなお話をしようかと考えると
気持ちがどんどん明るくなっていく
そう、まるでデート前日の少女のように
 (注:この先生、女性です。ほんとに恋心持ってるわけじゃないですよ~)


当日、大学で息子と娘はそれぞれ遊んでくれるお兄さん・お姉さんの顔を見てニッコリ。私も先生に会ってニッコリ。

息子がプレイセラピーを受けている間、私は先生と面談

運動会の練習は少し大変そうだけど、息子はとても頑張っていること
授業時間の離席も今はほとんどなくて、とても調子のいいこと
などを報告しながら、いつの間にか私自身の話しになって

「最近イライラして、些細なことで息子を叱り付けてしまうんです
怯えて泣く息子を見て、こんなことじゃいけないって思うのに、どうしても気持ちを持ち直せなくて、優しくしてあげられないんです。このままじゃ、私が息子を壊してしまいそうでこわいんです・・・」

ボロボロ泣きながら話しました

先生は、とても優しい顔で

「それはたいへんでしたね。お母さん、ひとりでいっぱいいっぱい頑張っているんですね。優しくしてあげたいと思いながら、そうできないのは辛いですよね・・・。」


心の氷がどんどん解けていくみたいでした
そして今度は、うれし泣き


そうこうしていると、いっぱい遊んで満足げな息子が戻ってきます


並行面接って、ほんとに大切なんだなと
しみじみ感じました。


先生はもしかして、そんな私の不安定さを見抜いて
息子の療育だけじゃなく、私との面接も入れてくれているのかな


元気をチャージして帰ります
次に来るときは、もっといい報告ができるように頑張ろう

そんな気持ちになれました

テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  23:43  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.09.20 (Tue)

太ったね

3連休、私の実家に帰りました


ウイークデーのストレスを思いっきり発散するぞ!!
・・・・・と出掛けたんですが
なかなかそうもいかないね・・・・現実は


実家でのストレス・・・・それは

「太った」 という言葉


その言葉は、息子・娘・アーーンド 私に投げかけられます

会う人、会う人ごとに


「太ったね~~!!」



そう・・・・たしかに太ったんだけどね
そりゃー事実さ

私の場合、今に始まったことじゃないけど
息子と娘、たしかにすごい。

今年の4月から、2人とも5キロ以上は増えてるかも・・・。


でも、どうしたらいいのかわからないのよ・・・
好きで太らせてるわけじゃないしさ


息子はゴハン大好き! 運動苦手!!
その辺が理由なんだろうけど
偏食で野菜はあんまり食べないし(それでも少しづつは食べられるように頑張ってるよ!)
ご飯を制限させるのはかわいそうだけど、おかわりは1回だけねって約束もさせてるよ。おやつだって、ほとんど食べてない。

娘は、息子ほどは食べないんだけど、なぜかムチムチになってきた・・・

運動させなきゃダメなのかしら・・・
ウォーキングとか!? 子供に?

何とかしてやらなきゃと、私だって気にしてるんだってば。


それを、顔を見るたびに 「太った」「太った」言われると
滅入りますよ


ご飯を食べるところを見て、
すぐ食べ終わると「早食いのせいだ」といい
ゆっくり食べてると「いつまで食べてるの」といい
水を飲んだだけで「水太りじゃない?」だし
しまいには、お風呂に入るために服を脱いだ子供たちを見て
「まぁ~~!!みてあのお腹!!!」と爆笑
子供たち・・・・はずかしがって小さくなってたよ。

確かに、父の子供たち(5歳・4歳)は痩せてるよ。
だからって、子供達に向かって
「今度帰って来るときは、少し痩せてね!」って言わなくたっていいじゃんか~


文句言ってみたって、ちゃんと健康管理してやれない私が一番いけないのよね・・・・・
ごめんよ・・・・息子くん、娘さん。
三人で、人に後ろ指刺されないようにがんばろうね。


同じもの食べてるのに、なぜか一人だけガリガリの夫。許せん(爆)

テーマ : ぼやき - ジャンル : 日記

EDIT  |  15:37  |  つぶやき・・・。  |  TB(0)  |  CM(10)  |  Top↑

2005.09.16 (Fri)

バカ母です

今日は5時間目まで参観してきました

今日のクラスは、なぜか落ち着かない雰囲気
息子は、私がいるせいなのか
なんとか席には着いているけど
国語の授業の新しい漢字は、もう「書きたくない」態度ありありで
生あくびをしたり、手遊びをしたりしています

もう一人の多動君が大変で
先生が注意しようものなら
70本以上あるクレヨンを教室中にばら撒いたり
ゴミ箱や自分の机をひっくり返したり
錆びたペンチを家から持ってきていて、それで友達を脅してみたり・・・

そんな多動君につられて、他の児童も大声を出したり、教室を出て行ったりうろうろと歩き回ったり・・・・

こういうの「学級崩壊」っていうのかしら。


そんな一日が終わり、家に帰ってきて息子に宿題をさせていたら
一問目の算数の文章問題で引っかかっている息子


長さをはかる(    )には センチメートルというものがあって
(     )と書きます



みたいな。


うん・・・・・わかってるんだよ

文章問題は理解しにくいんだよね・・・・



なのに



なのに




教科書やノートを見て、調べようともせず
「わからない、むずかしい」と ただ駄々をこねているようにしか見えない息子に
どうにもこうにも腹が立って


ぐずぐず言ってたって、答えは出てこないんだよ!?
もういい!! お母さんが全部やるから あんたはここでずっと泣いてなさい!!!
そんなことしてたって、頭になんか入らないんだからねっ!!!



怒鳴りつけて、息子の宿題プリント、私がやってしまった・・・・


怯えて泣く息子・・・


自分のバカさ加減に幻滅して、でも怒りの収まらない私・・・




あ゛~~~~~!!!! もうっ!!!!!




どこか、人っ子一人いない山奥とかに行って
大声で叫びたい~~~~



こんなことじゃ、私が息子の心を壊してしまう


心療内科とかに行くと、場合によってはイライラが収まる薬をもらえたりするって聞いたことあります



そうした方がいいのかな・・・・

テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  18:00  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(11)  |  Top↑

2005.09.15 (Thu)

学校での様子(9/14)

なかなか更新できません orz


学校へ行く

帰って来ると疲れて昼寝

夕方起きて慌てて家事

昼寝したから夜なかなか寝付けない

起きるの辛い

学校へ行く

ふりだしに戻ってエンドレスループ・・・



そんな罠(怠慢)にはまっている私・・・・情けない

もう少し、生活リズムが整ってきたら
皆さんのブログにもコメントをさせていただきます

今は読み逃げでごめんなさーーい





昨日は、全校児童で運動会の開会式・閉会式の練習がありました

いかにも息子には苦手そうです

ドキドキしながら遠くから見ていたら


ちゃんとやってる!!


何度も繰り返して退場の練習・・・・なんて
普段ならきっとパニック寸前なのに。

列の一番前に、体をモジモジさせることなく立っています!


やったーーー!!

もう、本番で成功したくらいにうれしい


良く見ていると、一ヶ所に集合するときや走り始めるとき

あの「わからんちん」と思っていた特殊学級の先生が
息子のそばにいてうまいタイミングで指示をしてくれていました


・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

「わからんちん」なんて思ってごめんなさい

ちょっとだけ見直しました


いつもより、すこし涼しかったことや
日差しが弱いってこともあるかもしれない(先日、眩しくて目が開けられないと言ってぐずっていた)


何がきっかけでも、上手にできたところをちゃんと見ていて
そこをすかさず褒める!褒める!!褒める!!!


息子はうれしくて
ジャンプ!ジャンプ!!ジャンプ!!!


こんなことを繰り返し経験させていけば
苦手なことも少しは喜びに変えていけるのかな・・・。

テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  08:50  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.09.09 (Fri)

学校での様子(9/9)

DSC02053.jpg



今日は1時間目の途中から、4時間目まで息子の様子を見に行きました。


運動会が近づいているとあって、4時間のうち2時間は体育です

これから約一ヶ月、こういう状態が続くようです



集合・整列苦手、運動嫌い、でも「負ける」の耐えられない

の息子にとっては辛い季節です


学校に私が到着した、1時間目の途中のそのとき正に
息子は授業をボイコットし、一人で校庭をフラフラしていました


声をかけ、手をつないで体育館に連れて行ったら、なんとかみんなと一緒に整列していましたが
なんだかとても居心地が悪そうにしていました

紅白に分かれての応援歌の練習の時には、
先生の「もっと大きな声で!!」に異常に反応して
叫び声のような声を出し、最後のほうは
「キィーーーー!!!」というような金きり声(奇声)を上げていました。


この声が、私はとても嫌いです(好きな人はいないでしょうが)
息子が小さい頃には、家でも癇癪をしょっちゅう起こしていたので
よくこんな声を出していました。
私も夫も、息子のこの声がイヤで散々叱ってきました

叱ったらダメなんですよね、本当は。
息子がこの声を出す時・・・・
それはきっと、息子自身が一番困っている・助けてほしい時なんだろうと、今になってはそう思えます

そう思っていても、あの声を聞くと どうにも嫌な気分になります
イライラなのか、はずかしいのか、自分でもよくわからないのだけど
心臓を素手で掴まれるような・・・・・
胸が痛いです。


どうして息子がそんな状態になるのか
私の予想ですけど、場の緊張感に耐えられないせいかな、と思いました

並ぶのにも、座るのにも先生が号令をかけると同時に
すぐ動かなければなりません
少しでも列が乱れたり、ムダ話をしているような声でも聞こえたら
とても厳しく叱られます
息子個人に関しては、先生方の対応もかなり緩やかですが
その場の空気はかなりピリピリした感じなので
息子は周りの子供たち以上に 緊張してるんじゃないかな


それに、リレーとかけっこの時の整列の練習もしたのですが
自分が並ぶ場所を覚えておかないといけません

クラスの子供たちの名前もほとんどわからない息子なので、
一度や二度練習したからといっても、二種類もの整列の仕方を
覚えることができません

「整列!!」
という声がかかるたびに、半べそ状態でうろうろしています
そしてしまいには
「もうボク、わかんないよ!!!」


あぁ・・・・混乱しとる


そんな状態でも、リレーの練習は頑張ってくれました
6チームくらいの対抗リレーで
息子にバトンが渡るときは2位くらいで、次の人に渡すときはビリだったけど・・・
「負けて悔しいパニック」は起こさずに済みました

走る前に
「順番はどうでもいいよ。元気良く最後まで走る姿を見せてくれたら、お母さんうれしいからね!」
と言って聞かせた甲斐があったのかも・・・


体育以外の授業も見ましたが、
全体を通して感じたことは

「指示が伝わっていない」ってことでした
教科書を開くことも、一ヶ所に集合することも
先生が何回大きな声で言っていても、息子には伝わっていないようです
えぇ、ほぼ100%

聞こえてはいるのだろうけれど、それが息子の頭の中で
「自分が今やるべきこと」と結びついていない。
国語や算数などの授業では、先生が全体に指示をしながら
息子の教科書をそっと開いてくれたり・・・と、手助けをしてもらえるけれど
運動会の練習はそうもいかない


どうするかな・・・・・
運動会に参加させないわけにはいかないし。
息子一人のために、練習をもっと楽しい雰囲気で!!
なんてとても言えない・・・(他学年と合同練習だから)
やっぱり、息子になんとか言い聞かせて「我慢」させるしかないのかなぁ




テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  16:16  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2005.09.06 (Tue)

係活動

2学期が始まり、クラスで係を決める話し合いがあったようです

その時の話を、2日の日に特殊学級の先生から伺いました



********************************



係を決めるその時間、息子は教室にいられなかったようです

パニックを起こしたのか、それともなにか気が向かない理由があったのか それはわかりませんが。


教室を飛び出した息子は、そんな時に時々遊びに行く
特殊学級へ。


少し落ち着かない様子の息子に、先生が話しかけると

どんな係をすればいいのかわからないんだ。と言ったそうです


じゃぁ、係活動でなくても、学校で一番やってみたいことは何?と聞くと



  「みんなが体育館に集まったとき、歌を歌わせる人がやりたい」


全校集会で、校歌などを歌うときに号令をかける係なのか、それともみんなの前で指揮をやる係なのか・・・そんなのがあるのでしょう


目立ちたがり屋の息子が いかにも言いそうなことです


そこで先生が

 「そうか、息子くんはその係をやりたいのか。 でも、あれはまだ息子くんにはできないよ。 5年生か6年生でないとダメなんだから。 それに、ただ6年生になったからと言ってできるものでもないよ。それまでの間に、いろんなことを頑張って、みんなに認めてもらわないとできないんだ。そのためには息子くんはどうすればいいと思う?」

と問いかけると


しばらく考えていた息子は


 「よし!じゃぁボク、クラスの音楽係するっ!!!」


そう言うと、うれしそうに目をキラキラさせて自分からさっさと教室に戻っていったそうです


********************************




先生は私に言いました

「息子くんは、自分のやりたいことやなりたい姿を思い浮かべて、そのために今、なにをすべきなのかを考える力を持っています。きちんと説明して教えてあげれば理解できるんです。」


いや・・・・それはわかってますけど(^-^;
息子を「わからんちん」だと思っているのは先生方だと思うのですが・・・


でもそんな気持ちは言わずに心の中にしまいました


学校側は、まだまだ息子のことをわかってない部分がある。
でも、きっとわかろうとしてくれているってことだよね
その時の先生の対応は、とても良かったんだと思うし。

少しづつ、わかってもらえばいい。
そして私も、すこしづつでも先生方とわかり合いたい。

そんな風に思いました。


息子は先生のおかげで、音楽係になることができました
音楽係の仕事は、朝の会のときにカセットデッキで音楽を流すことです。
もともと機会をさわるのが好きで、しかも自分がスイッチを押すことによってみんなが歌いだすというのがとても気持ちいいらしく
ご機嫌で、歌の間にダンスを披露したりもしているようです
親が聞くと、恥かしくなるほどのお調子者ですが
それでも機嫌良く教室の中にいてくれていると思うとうれしいものです。


それにしても、カセットのスイッチを押すだけの「係」って
楽すぎない・・・・・?
もしかしたら、担任の先生が配慮して作ってくださった係かもしれません。

ありがとうございます









テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  15:53  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.09.05 (Mon)

小学生ってタイヘンだ・・・・

2日の日にちょっと授業を見たときのこと


休み時間に、廊下に展示してあった 子供たちの夏休みの課題を見てたんです

みんな、いろんなものを作ってました。


するとそこへ、Hくんが来ました
(この子は、息子同様多動で、先生も手を焼いている様子の子。パニックはないけど、他傷や汚言などあり)

「見てみて~、コレ、ボクが作ったんだよ」

見ると、細い竹の棒の先に三角の石を毛糸でくくりつけて、「ヤリ」のようなものができてました

「そうなんだ~。かっこいいね!先もちゃんととがってるし」

と言うと

「そうでしょ!! これね、友達を殺すために使うんだよ」

「・・・・・(^-^;、それは痛いからやめとこうね」

そんな話しをしながら、みんなの作品を見ていると、
そこで通りかかったのが、あの特殊学級の先生。

「おい!こらっ!!君っ」

とH君を呼び止めて

「君、今ここにある作品を触ってただろう! これは勝手に触っていいものなのか!?」

「いけない・・・・ごめんなさい」

「じゃぁどうして触るんだ!! 壊れたらどうするつもりなんだ!? わかってるのか!・・・・・うんぬんかんぬん

お説教がなかなか終わりません。
一緒に作品を見ていた私も怒られている気分です
触ったと言っても、握ったり持ち上げたりしたわけではなくて、少し指でつついたくらいなんだけどな・・・・
起こられている間、Hくんは終始うつむいて、コクリ、コクリ と先生の言う言葉にうなずいていました。


やっとお説教が終わったようで、教室にH君が帰ろうとすると

「あ、ちょっと待て!! 君の触った作品は誰のだ? ○○ちゃんだな。じゃぁ、今すぐ○○ちゃんのところに行って『ボクはあなたの作品を触ってしまいました。ごめんなさい』と言いなさい!」


正直なところ、そこまでする必要あるの~!?と思いました。
散々先生に怒られたのに。
○○ちゃんは、自分の作品を触られたことを全然知らないのに。
どこか壊れたわけでもないのに。


H君は、とても自尊心の高い子です。
ショックだったんじゃないかと少し心配になりました。


でもH君は、その後の授業でも悪びれることなく(!?)
ニコニコと手遊びをしたり、席を立ちうろうろを教室内を歩き回っていました。

そして、教室の一番後ろで座っている私の所にきて、
クリップを曲げて、S字のようにしたものを
私の服の胸ポケットにかけて

「これ、ここにつけたらどう?」とニコニコしています


「あ、いいかも!この曲がったところにマスコットとかぶら下げたらかわいいね!!」

と答えると、とてもかわいい笑顔を見せてくれました。


H君はH君なりに頑張ってるんだよね・・・・。


小学生って、なかなかタイヘンだね・・・・。



そんなことを思った出来事でした。




その日、学校からかえってきた息子が

「あのねー、廊下にある作品を触ったら、先生が怒るんだってお友達が言ってたよ!」

「うん。それお母さんも知ってるー!」

息子はちょっと「???」な顔をしていました。


テーマ : 子供の教育 - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  10:56  |  つぶやき・・・。  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.09.02 (Fri)

2学期の方針

今日は1日、家でのーーんびりする予定でした
来週くらいからは学校に行かないといけないだろうし、
今日だけは私への夏休み!と思っていたのです・・・・が


午前中、娘の幼稚園からTEL
 「娘ちゃんが、歯ブラシとコップを忘れたといって泣いているので、よかったらお昼前までに持ってきてもらえませんか」


仕方なく持っていったわけですが、娘の幼稚園は息子の小学校の校庭の片隅にあります。
幼稚園に行くと、どうしても小学校の様子が気になります。


見ると、2年生らしき子供たちが校庭に。
あまり深くも考えもせず、近づいていくと
どこからともなく、ものすごい高音の不快な音が聞こえてきます


この耳障りな音は何!?


と音のほうに目をやると


そう、私の愛すべき息子くんが金切り声を上げていました



同級生がちょっかいを出してくるのがイヤだとか何とか言ってる様子


「大丈夫、大丈夫!それくらいで怒らなくてもいいの。ね?」

となだめると落ち着きましたが、

「お母さん!またボクと一緒にお勉強したいの? 教室に行こう!」

と誘われてしまいました。
断れないよねぇ・・・・息子くんの頼みとあらば。

次は国語の時間でした
1時間だけ見ていこうかな・・・と思っていると


「お母さん、ちょっといいですか」
特殊学級の先生が。


空き教室でその先生と話しをしました
この先生(男性)、息子がパニックになった時や、教室を飛び出したときにたびたび面倒を見てもらっています。
見た目がコワイので(失礼)、ちょっと苦手感もあるのだけど
かなりベテランの先生だそうです
担任曰く「ベテラン過ぎて来年は定年です」って・・・笑いました。


担任と、話し合ったのですが、
お母さんも、担任と一緒に児相で色々な相談をしたりしたのでしょうけれど
まあ2学期は、【席について授業を受けさせること】ができるようにしたほうがいいと思います



   あ・あれ・・・・ なんか話がふりだしに戻ってるような


私の教室で、算数だけ受けさせるとか、
普通学級で担任以外に加配の教師を入れるというようなこともできなくはないですが、まぁそれも、運動会が終わらないことには始められませんからね・・・。その時になったら、そういう案を職員会議にかけて、それからやっていくこともできますが、とりあえず今は【座っていられるように】というのが大切です。



  だーかーらーー、そうやって無理ばかりを強いていることが2次障害につながるかもしれないから、
  個別指導や通級をお願いしたいのに・・・却下なんですか・・・・そうですか



担任には、これから とにかく息子くんを褒めること!!と言っておきました。何も褒めることがないときは、目を見てニッコリ笑ってあげるようにします。
息子くんは、きっと担任を独り占めしたいんだと思うんですよ。
だから、積極的に関わっていくことで息子くんが満足感を得られれば、
もっともっと褒められるために頑張るんじゃないですかね。



  先生を独り占めしたいと思ってるかどうかは疑問だけど、
  でも褒めてくれるのは大歓迎。
  お調子者の息子が喜んでぴょんぴょん跳ねるのが目に浮かぶ



家庭では、学校でうまくいかなかったことなどを取り上げて
怒るのは絶対にやめてくださいね。少しでも、できたことを褒めてください。



  わかってますよーー。
  家庭での日常生活のことでは怒っちゃうけど



では・・・・親御さんのご意見もあると思いますけど、それはまた、担任に言ってください



・・・・と、私の意見は何も聞かず、去っていった先生


うーーーーーーーん!!!!


離席やパニックが、息子からの「辛いよ!!」のサインだと受け止めて、個別指導や通級で少し楽な環境を作ってあげることが大切なのか


それとも、褒めてなだめて、教室にずっといられるような手立てをとるのが大切なのか


正直わからなくなってます・・・



どっちにしても、あの特殊学級の先生が
息子への対応を決める「陰のヌシ」であるらしい・・・







テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  17:17  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(10)  |  Top↑

2005.09.01 (Thu)

心理士さんVS担任VS私

児相に行ってきました。
担任も一緒に。


娘と息子はプレイルームで遊ばせてもらって、
3人で2時間近く話し合いました。



実際は、タイトルのような緊迫した対決のようなことはありませんでした
(ごめんなさい~いいタイトルが浮かばなかったので


何を話したのか、後になって思い出そうとしても

「・・・・・何だったっけ?」

という感じではあります。


でも、無意味な世間話をしてたわけでもないですが。
普段、発達相談に行ったときと同じような会話をしたように思います



担任は熱心にメモを取りながら聞いていました


心理士さんは、やんわりと、担任の日頃の大変さもわかります・・・・という姿勢を保ちつつ、それとなく息子へのサポートの方法を提案してくれました。


さすが心理士さん!!と心の中で拍手喝采をおくりました


かえって、私が口を挟まないほうが
冷静に話がすすむのかもしれません。
心理士さんが、息子の状態をわかってくださっている、という前提があるので、私がそれ以上話すこともないのですが。


担任もまた、普段の学校での子供たちへの対応に悩む部分は多々あるようで、私の息子のことだけでなく、クラス全体への取り組み方についてもアドバイスをうけていました。



心理士さんが、週に数時間、特殊学級で個別に授業を受けることはできないのか聞いたところ


「そういう話も出ていて、一学期に3回ほど行ったのですが、特殊学級にもともと在籍している自閉症の子が、環境の変化が苦手なところがあって、息子君が入ることを好まないのです」
と担任。



ええーーーー!!!!


その話しは初耳でした。


自校の特殊学級への通級について(ほんとうはこういうのは通級とは言わないらしいけど)、できるものなら・・・・と私が何度かお願いして、
担任からも「できるかもしれません」と言われながら、まったくそこから話がすすまないので、何もしてないと思ってました・・・。


やったことあったんだ・・・・。
息子も何も話してくれないし、全然知らなかったよ


在籍児さんが、嫌がるのなら無理に・・・というわけにはいかないけれど、お互いの間についたてを作るとか、方法はあるよね。
と話していたら、
その在籍児は、もう高学年で、時々普通クラスに行くこともあるし、その間にみてもらう事も可能かも。という話も出ました。


あぁ・・・・なんかいい方向に向かうといいなぁ


算数の授業については特に、全体への指示が通りにくくて
理解できず、それが原因で自信を失っている部分もあるので
個別指導をお願いできたらな・・・・と思うのです。


あとは、息子は○と×の2つの観念しかないという特性があること、
グレーな部分はなかなか理解できないので、
日常の細かいことに「あれはダメ、コレはダメ」としてしまわずに、
「まぁいっか、○!!」な部分を増やして・・・みたいなことを心理士さんが言っていました。


それは私もとても同感!!
私的には、「ダメ」なのは
・他人に危害を与えるようなこと
・自分が危険な目にあうこと
くらいにしてほしいのが本音。

後の部分は、できることなら「そのくらいいいさ!!」と言ってくれたら楽になれるんだけど・・・。
集団生活では無理なのかなぁ。


今日息子が学校からもらってきたプリントを見ると

いどうのときは、ローカに10びょうでならびます だらだらしません

きちんとならんだら たいいくずわりをして ピシッとうごきません

はっぴょうするときは「はい」とへんじをして いすをいれずに つくえのよこにたつ



などなど、他にもたーーーーくさんのルール。


これをひとつひとつ、できないからといって「×」にされてしまったら、息子のような子は生きていけません(汗)


できなくても、
「まぁ、いっか~!! でも、こんな風にできたらもっとすごいね!」

ぐらいの対応にしてくださいと、一応、お願いしておきました。


さてさて、2学期はどうなることでしょう。


私が学校へ行くことも、やはり避けられないようです(涙)
せっかくひとりの時間が持てると思ったのに・・・・
でも、息子は辛くても逃げることができないんだもの
私も頑張らなきゃね。

テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  15:32  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(12)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。