01月≪ 2007年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.02.28 (Wed)

今年の春はちょっと違う?

この時期は、毎年毎年 入学やら進級やら転校やらで不安定になってしまう私ですが

今年はなんだかいい感じですよ


転校が決まってるので、それはもちろん不安なんだけど

でも、思い切って飛び込んでみよう というとっても前向きな気持ちになってます。



今年になってから やっているOTが 3月いっぱいで終わる予定だったのだけど

この前 K-ABC やら SC SIT やらの結果から
また3ヶ月延ばして感覚統合訓練をやりましょうという話になったのが うれしい私。

SSTも 来年度も続けられそうだし。

何よりも、スタッフの心理士さんや作業療法士さんたちが
息子の転校後もサポートをしてくれることがうれしい

新しい学校で必要ならば、文書など準備できますよ と言ってもらってなんだかとっても心強いのです。


なんだかちょっと療育依存かしら・・・・・?


でも息子自身も 療育を楽しんでいるようだし
つながりはたくさん持っていたほうがいいはず。


よし、ガンバロウ!!
ちょっとドキドキするけど。 きっと大丈夫。




スポンサーサイト

テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  08:44  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2007.02.11 (Sun)

ボクは種です

息子の担任との個人面談に行ってきました


転校になるだろうということはもう話してあったので

先生が「寂しくなります・・・・・」と。


私は根がひねくれているので
そんなこと言って、実はホッとしてるんじゃないの~?なんて思ったりするのだけど

涙ぐむ先生を見て、思わずもらい泣きしそうになりました。


ホントに寂しいと思ってくれているのかな
そうだったらうれしいな・・・・・。
うれしくて、そして寂しい。


最近特に、息子のクラスメイトの優しさを感じることが多いのです

家に遊びに来てくれた時や
習字のおけいこで一緒になった時

みんな、いつも息子に優しくしてくれているんです

きっと息子は、クラスの子供達にとっては『弟』のような存在なのかな。


先生は 「息子くんは、きっと 周りの人に愛される何かを生まれ持っているんだと思います」 と言ってくれます

そうだったらうれしいな・・・・・。
これからも、人に愛される子でいて欲しいと願うばかりです。




そして、先生が興奮気味に教えてくれたエピソードがひとつ

つい最近、先生が一人 他の学校に転任されました
息子はその先生にどんぐりをひとつ、プレゼントしたいと言ってたそうです。
そこで担任が「でも、どんぐり一個だけ渡すとね、先生はきっとたくさんプレゼントをもらうだろうから、落としてしまうかもしれないよ。だから、お手紙を書いて封筒に入れて、その中にどんぐりも入れたら?」と提案したら 息子は うん、わかったそうする。と言って あっという間に手紙を書いたそうです。

その手紙の内容がすごいんですよ!!と担任。

どんな内容なのかというと



先生は○○小学校(前任校)では、まだ種です
先生は○○小学校(今の学校)で 芽が出ました
そして先生は○○小学校(転任校)では 大きな木になります




ね?素敵でしょう!?
私 すごいと思って校長にも報告したんですよ!
息子くんのこういうところ、大事にしてあげてくださいね!!と担任。



息子の良い所も、ダメなところも、理解して受け入れてくれている
友達がいて先生がいて

だから息子はこうやって 毎日ニコニコでいられるんだなぁって
私はとてもうれしくなって、また寂しくなりました(笑)



家に戻ってから、手紙のことを息子に聞いてみたら

「うん、ボクが書いたんだよ。 ボクも今はまだ種です。大学生くらいになったら芽が出るの」

なんだって。



そっか・・・・・・・・
息子は今、種なんだね。
じゃぁ、いつの日か 大きな大きな木になれるように
たくさん種に栄養をあげなきゃね
それがお母さんの仕事だね!!







EDIT  |  00:05  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(24)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。