07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.10.07 (Fri)

意見の相違

運動会の数日前
夜中に夫と2人で 息子への対応について話し合いました




私が、もっと息子の気持ちに寄り添ってやりたいと話すと


でも、なんでもかんでも「そうだよね。わかるよ。」ってのはダメなんじゃないかと夫は言う



息子が生まれてからずっと、手のかかる子であったということもあるけれど、
「正しい道へ導こう」という気持ちで私たち夫婦はやってきた。

でもそれは、違う角度から見ると
いつもいつも、息子の気持ちを否定して、親の気持ちや考え方を押し付けることになってきたんじゃないかと思う

その結果として、今息子は、自分の中の感情と、親から望まれる姿との間で苦しんでいるんじゃないだろうか

これからもそれを続けたら、息子は「自分の気持ちをわかってもらうことはできない」「本当の自分を親に見せられない」と思ってしまうのではないか・・・


最近ずっと考えてこいたことを、そんな風に夫に打ち明けてみた


それに対して夫は


それでも、「してはいけないこと」を教えるのは親の責任だと思う

それを、「親が望んでいることで、自分の感情とは違うこと」と葛藤するのか
「それが自分にとって一番の最善策だ」と納得するのか
それは、いつか本人が自分自身で気付かなければいけないことだ。
だから、良いことと悪いことの区別を、ずっと教え続けながら
息子が気付いてくれるのを待つしかないんじゃないのか

という意見のよう。



でも・・・・・今までそうやって
「ダメ」「いけない」を繰り返してきて、
息子はひどく自信をなくしているように見えるし
その言葉に過剰に反応してパニックを起こしたりもしてるよ
だから、これからは「ダメ」の前に
「こんな風に思ったの?だからイヤだったんだよね」って言ってあげたい

と言うと

どうかな・・・・もちろん、叱るばっかりじゃなくて
褒めるところはたくさん褒めてやろうと思ってるけど
でもいちいち、そんな風に気持ちを確認されるようなことを言われたら
俺だったらちょっと気持ち悪いけどな・・・・



どこまで話しても、平行線のようです


でも、夫の言いたいことも痛いほどわかる


去年までの私と同じだから・・・・・


息子を愛しているから、信じたいから
どうしても「健常児」として見てしまう

今は少し手がかかっても、いつか見る見る成長して
何の問題もない息子になるはずだと思っている

私の中にも、そういう気持ちがないとはいえない。

でも、高すぎる理想や、「こうなって欲しい」と思う気持ちは
息子にとってはしんどいだけかもしれないと、今は思う。

今の私の希望は、息子が毎日ニコニコしていられること。
かわいくて優しくて素直な息子が、息子らしくいてくれること。


そのためには、両親の取り組みはとても大事なんだけど
でも、必ずしも意見が一致していなくてもいいかもしれない


人の気持ちは変わるものだし


これから、私も夫も、そして息子もまだまだ成長していくのだから

どんなやり方が正解なのか、それもほんとのところは誰にもわからないのかもしれない

大切なのは、気持ちを話し合っていくこと。


夫との話し合いでも、最終的にはそういう方向で話しはまとまった



意見がぴったり一致しなくても、それはそれでもいいよね?
夫はこれからも、息子に善悪の判断を教えていく役割をして、
私は、辛い気持ちを理解してあげる役割をすればいいんだから

と言う私に


うん、そうだね。
考え方や接し方が違っても、息子に幸せになって欲しいと思う気持ちは同じところにあるはずだから。

と夫



しばらくは、こんな感じでいこうかと思っています

これでいいんだよね・・・・・?
うん、きっと・・・・いいはず! (それでもまだ自問自答中)
スポンサーサイト

テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  11:27  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(12)  |  Top↑

Comment

v-34夫婦で子どもの事を話し合う。。とても価値がありますよね・・
結論は出なくても、意見を分かち合う。
すばらしいことです。うらやましいです・私にはできなかったことであり、ましてや再婚したらなおさらです・・
いいな・・mariさんは幸せだな・・
子どもちゃんもきっと両親の気持ちを受け取って、心の広い子になれそうですね・・・v-221
メープル |  2005.10.07(Fri) 13:29 |  URL |  【コメント編集】

そうやって話せるだけ、素敵な事よねぇ~。。。はぁぁ。。。

我が家とは雲泥の差。

でも、今は話し合う気持ちが無い、と言ったほうが正しいかな。

何がいいって、そうやって息子さんのことをきちんと見てるって事。
それが一番です。
こうめ |  2005.10.07(Fri) 14:25 |  URL |  【コメント編集】

きっと大丈夫!

たとえ、同じ結論に至らなかったとしても、話し合えたことに意味があるんじゃないかと・・・・・思いたいですね
お互いに否定してしまったりするとこじれてしまうかもしれないけど、違う考えでも、目的が同じならばなるべく歩み寄ることも必要かもしれませんね。
これって、夫婦間に限らず 先生達との間でも言えるのかも・・・・(汗)

毎日一緒に暮らしているのに
真剣な気持ちを打ち明けるのはどうにも難しいことですよね。
私もしょっちゅうはできません。
夫はお酒を飲むと、多少熱弁になるので
そんなときを見計らって話題を持ちかけたりします

メープルさんだって、きっと旦那様はわかってくれると思いますよ。
毎日、どれだけ気持ちを削って頑張っているか、一番そばで見ている人だもの・・・ね♪
メープルさんへ@mari |  2005.10.07(Fri) 18:10 |  URL |  【コメント編集】

素敵と言えるかどうか・・・

夫に話すことで、自分自身に言い聞かせてる感じでもあるんです。
うちは、どうしても力(親という権力)で息子を押さえつけてしまうから・・・。

夫も私も、わかってはいるんだけど
息子がパニックになると自分までイライラしてしまう
いわばパニック伝染とでもいうのかな。
そんな感じになるので
息子はとっても可哀想なんです(汗)

ちゃんとぶぅくんの気持ちを受け入れてあげられる、こうめさんのほうが素敵なお母さんだと思います。ほんとに。
こうめさんへ@mari |  2005.10.07(Fri) 18:17 |  URL |  【コメント編集】

mariさん、こんばんは!
みんなのコメント見ていて嬉しくなりましたよ。
みんな理解者であって同じ悩みを分かち合える仲間なんだなーって。

mariさんも自分を信じて息子さんの幸せを沢山見つけてあげてください!
私も頑張るわ~
りゅう |  2005.10.07(Fri) 21:38 |  URL |  【コメント編集】

こんちは。いちおう男の視点から(汗
といっても人によりますが、息子という事で父親からの期待も
ひとしおな部分は否定できないです(うちのマリオもそう)
ただ、とくに自分の気持ちを表現することが殊更に不得手な自閉症児の場合には、
健常児の場合以上に気を使う必要があると思うんです

だんなさんのいうことはもっともだけど、
とくに自閉症児への心の負担を考えると
すこし考えたほうが良いと私は思います。

叱られた意味を理解する前に、
叱ってる人の恐い顔と雰囲気におののくことが先にたつのが
自閉症だと思うから。

もちろん「してはいけないこと」を教えるのは大切ですが
問題はその教え方なんだと思う
その子にあった最適な方法って、その子によりけりだと思うんです

・・・というのはあくまでも私の考え方です
もろに私の価値観と思いがはいってます(汗

夫婦で育児に関するお互いの価値観をぶつけあって話し合うのは
何にしてもやっぱり大切ですよね

その場合に
・「なぜ?」ということ
・「だから何?」ということ
・「本当にそうなんだろうか?」ということ
の3つのポイントですりあわせていくのが重要なんだと思う
 …ただ、まともにこの問いをぶつけると
 喧嘩になっちゃいますので要注意(汗
Hideki |  2005.10.10(Mon) 16:03 |  URL |  【コメント編集】

MARIさん、はじめまして、、、じつは数ヶ月前から遊びに来させていただいていました。
我が家の息子と似ているな~なんて思いながら、一人うんうんと頷いてました。
先日、広汎性発達障碍という診断が出ましたので 初カキコさせていただきます。
我が家のたこくんは公立小1年生です。
入学してからというもの、?????という事が次々起こり、現在に至ります。
我が家でも、話し合いをしようと試みましたが、主人は障碍自体を受け入れてくれないので、益々話がややこしくなり 私はどうしたらいいわけ~?と、日々悩んでいます。
また、遊びに来させていただきます!
peco |  2005.10.11(Tue) 15:10 |  URL |  【コメント編集】

お互いに♪

りゅうさんありがとう~~!!

どんな方法が最善なのか
それは子供が成長してみないとわからないのかもしれないですね。

でも、その時その時で、後悔しないように
やっていこうと思うのです。

りゅうさんのブログからも、そんな「力」を感じて、励まされている私ですv-291
りゅうさんへ@mari |  2005.10.11(Tue) 15:15 |  URL |  【コメント編集】

その通りです!

ほんと、Hidekiさんの言うとおりだと思います
Hidekiさんのように、夫が考えてくれたら
夫唱婦随でやっていけると思うのですが
私の夫は少し違うようです

障害の受容自体、まだできていない状態なのかもしれません。

それは、専門科の先生でも
自閉傾向があるという人がいたり、ないという人がいたり、診断さえもはっきりつかないようなボーダーな発達障害なので仕方がないのかも・・・と思っています

それでも、実際に学校では「困ったちゃん」であることは事実なので、
何とかしてやらなければ・・・・という感じだと思います。

息子は実際、夫に叱られることをとても恐れていて、びくびくと顔色を伺うような様子なんですが、その夫の叱り方も、最近は少し柔らかくなってきています
それに、幸いなことに、息子とすごす時間が多いのは私の方なので、私がその分フォローしてあげればいいかな・・・・と思っています。

息子がすぐに変われないように、夫もすぐには変われないと思うんです。
意見が合わないからと言って、ケンカをしてしまっては本末転倒ですよね。
お互いの意見を理解しあって、役割として分けていければ今はそれでいいかな・・・・。

最終目標はHidekiさんとかりんさんなんですけどね!
Hidekiさんへ@mari |  2005.10.11(Tue) 15:32 |  URL |  【コメント編集】

はじめまして!

pecoさんはじめまして。
最近診断を受けたのですね。

思い出します
メソメソ、オロオロしてた私を(汗)
今でもあんまり成長してないですがv-388

旦那さんに障碍のことを認めてもらうのも
大変かもしれませんが、頑張ってくださいね
・・・って、うちもまだできてないかも・・・ですけど。
一緒に頑張りましょう!!

私は頼りないですが、
ここにはいろんなアドバイスを下さる先輩の方たちがいるので
また遊びに来てくださいね♪
pecoさんへ@mari |  2005.10.11(Tue) 15:40 |  URL |  【コメント編集】

ひさしぶりぃ~v-411

とってもいいなぁ~。って思います。
夫婦で子供の事を話し合うって…
ウチでも見習いたいとこですが
まずありえないなぁ~。
いい旦那さんだよねv-353
アタシもmariさん夫婦が出した結論でいいと思います。
だって、母親と父親は役割が違うもの。
ホントmariさん大きくなってるぅ~。
感動して涙うるうるv-406になってしまいます。
これからも がんばれv-344
Akala |  2005.10.12(Wed) 11:41 |  URL |  【コメント編集】

ありがとう~

Akalaさん、どうもありがとう~~v-406

ほんとは、夫婦で同じ考え方で、統一した接し方ができれば一番いいとは思うんだけどね。
意見が食い違うとき、ではそこからどうすればいいのか。
無理やり、どちらかに合わせると
なんか良くない気がして・・・
Akalaさんところも、ご主人さんとは
なかなか相談できないのかな?

中には、お父さんがより積極的に関わってくれる家庭もあるけど
でも、大半は私たちのように、夫婦間の考え方に温度差があるものかもしれないね。

それでも、子供を思う気持ちは一緒。
だから何とか乗り越えられる!!
・・・・と思いたいよね♪

はーいっ!頑張りまするv-278
Akalaさんへ@mari |  2005.10.12(Wed) 17:44 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。