09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.01.04 (Wed)

あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます


昨年は引越し、診断、転校といろんなことがありました
苦しい思いも何度もしたけれど、ブログを通して色んな方に励ましてもらったり、共感してもらったり。
そういう意味ではとても素晴らしい年だったと思います


今年は少しステップアップして頑張っていこうと思っています


どうぞ、本年もよろしくお願いします



年末年始は、毎年恒例で夫の実家へ二泊、私の実家へ1泊 里帰りしてきました


元旦の日、思い切って義母(夫の母)に 息子の障害について話しました


きっと怒られるだろうと思っていました



息子がまだ小さい頃、この子は少し普通と違うかもしれないとこぼしたときに
この子はなにもおかしくなんかない!!あんたの住んでるところはそんな差別をするところなのか!!!(義母は他県に住んでいる)と
ひどく叱られたことがあったので・・・・。


診断を受けたこと、学校での集団生活がうまくいかない事、知的障害のないぶん、誤解されることが多いこと・・・・などを話しました


義母は
 
大丈夫だよ。この子はあなたにとって財産になる子なんだから。
母親はどーーんと構えていなさいね
学校でうまく行かないのは、先生がまだこの子に信頼されてないからなのよ。ワガママじゃないの。


そして、ゲームで負けて少しイライラしはじめた息子に

息子ちゃん・・・・覚えておくんだよ
おばあちゃんは、いつでも息子ちゃんの味方だからね
息子ちゃんはなんだって出来る子だよ
嫌なことがあったらおばあちゃんのところにいつでもおいで。ね。

と言い聞かせながら何度も何度も頭を撫でてくれました


お・怒られないーーーーー!!!(感涙)


しかも、夫が運動会や学習発表会のビデオを見せると、

頑張ってるね・・・・・息子ちゃん、いっつも一生懸命なんだね。
一生懸命すぎて疲れちゃうんだね・・・・・



なんというか・・・・・・感動しました

すごく息子のことをわかってくれている気がしました

一年に二回しか会わないのに。
学校でのことも何も知らないのに。

こんなの私の気持ちとぴったり符合することを言ってくれた人ははじめてです。


話してよかった・・・・・・そう思いました。


普段とても厳しくて怖いお義母さんだけど(今でもやっぱり怖いけど・汗) 少しだけ気持ちが近づけたような気がします


夫の実家から私の実家に戻り、「今着きました」と報告の電話をした時

「あのね、言っておこうと思ったんだけど あんた、よく今まで頑張って息子ちゃんをここまで大きくしたね・・・・えらかったねぇ。ほんとにえらかったって思ってるからね。」

お義母さん・・・・・・それ反則ですーーーーぅ
もう泣いちゃうからね~~~~~

スポンサーサイト

テーマ : あけましておめでとう! - ジャンル : 日記

EDIT  |  13:00  |  つぶやき・・・。  |  TB(0)  |  CM(15)  |  Top↑

Comment

うれしいですね

お久しぶりです。
良かったですね、素敵な言葉で新年を迎えられて・・・

うちの姑は無理ですね。
そんな事など、口に出しはしませんから。
諦めてらっしゃるらしいですし・・・

味方が増えるのはうれしいです。
包み隠さずお付き合いできるのが、一番良い事だと思います。
こうめ |  2006.01.04(Wed) 15:41 |  URL |  【コメント編集】

ありがとうございます

こうめさん、コメントありがとうございます♪

はい、とてもうれしかったです
実は義母とは、ブログにはとてもかけない事情も色々ありまして・・・・
いや、今もあるんですが
決して素晴らしく良い関係とはいえないので
余計に感動してしまいました。

私の実の祖母などは、普段は仲がいいですが
息子のことでは理解してもらうのは難しい感じです。

親や兄弟でも、自分と別の人間である以上は
分かり合うのは難しいですね
こうめさんへ@mari |  2006.01.04(Wed) 18:18 |  URL |  【コメント編集】

素晴らしい!

あけましておめでとうございます。

一年のスタートを飾るにふさわしいエピソードですね。
親戚兄弟、周囲に理解者がいるのはありがたいことです。
理解されないと子育ては辛いものになってしまうのでしょうね。
義母さんとの新しい関係が始まったんですね。
かさねておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
殿父 |  2006.01.04(Wed) 23:20 |  URL |  【コメント編集】

ことしもよろしくね~♪

よかったね☆
嬉しいよね♪
理解してくれる人が多いと心強いよね。
今年も宜しくお願い致しますね♪
Akala |  2006.01.05(Thu) 01:12 |  URL |  【コメント編集】

ありがとう!!

殿父さん、今年もよろしくです♪

結構頑固な義母が、こんな風に理解をしてくれたのは
きっと息子のおかげなんです。
私がえらいんじゃなくて、息子が人に愛される子でいてくれるからじゃないかな。

そんな息子に感謝!
今はお正月なので、そんな息子を私に届けてくださったどこかの神様にも感謝したい気持ちです。
殿父さんへ@mari |  2006.01.05(Thu) 14:45 |  URL |  【コメント編集】

今年もよろしく☆

うん、とても感激したのよ~~。
ずっと前に、姓名判断のおじさんが息子の名前を見て
「この子はいつも、周りの人に助けてもらえるよ」と言っていたことを思い出します。
あんまりそういうの信じないんだけど、良いことだけは覚えておくの(笑)

hokuくんの体調が早く戻るといいね。
今年も、私たちの子供達が幸せいっぱいでいられますように~!!
Akalaさんへ@mari |  2006.01.05(Thu) 14:49 |  URL |  【コメント編集】

素敵なお母様ですね!!

読んでいて 私も涙が出てきちゃいました。
なんて 暖かい言葉なんでしょう…
心を溶かしてもらえたね~~~

今年もよろしくお願いいたします!!
peco |  2006.01.06(Fri) 20:42 |  URL |  【コメント編集】

*ぷちとま*たちが、大きく財産などを引越ししなかったよ。


BlogPetの*ぷちとま* |  2006.01.08(Sun) 14:06 |  URL |  【コメント編集】

よかったね!

読んでいて、鼻がツーンと痛くなって
涙がうるうるしてきちゃいました!

お義母さん、良いとこあるじゃん!
厳しくて怖いみたいですが・・・(汗)
かりん |  2006.01.08(Sun) 14:50 |  URL |  【コメント編集】

新年のご挨拶が遅れました。
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!(ぺこり)

さて、私も涙を流したひとりです。
新春から、mariさんに泣かされました。
いや、感動しましたの間違いですね。(笑)

うちは同居してますし、息子も心底可愛がってくれています。
でも、やはり義理の仲ってとても難しいですね。いろいろあります、うちも。( ̄◇ ̄;)!
それでも、その時の電話の言葉はとても嬉しかった事でしょう。
mariさんも素直でステキな人だと思いました。

今年も良い事、楽しい事、嬉しい事、最後に辛い事…分け合い助け合って良い年にしましょうね!
りゅう |  2006.01.08(Sun) 21:35 |  URL |  【コメント編集】

泣きました

はじめまして。
私も読んでいて、うるうるしてしまいました。
どの言葉も、mariさんと息子さんのことをすごく思ってくれていて、素敵な言葉ですね!

うちはまだ義両親に、息子の障害のことを伝えられずにいます。
昨日ちょうど会っていて、言い出せないことになんとなく居心地の悪い思いをしていました。
いつかちゃんと話して、わかってもらえるといいなぁ。
じぶ |  2006.01.09(Mon) 10:40 |  URL |  【コメント編集】

こちらこそ、よろしくです♪

新年早々、とても素敵なプレゼントをもらった気分になりましたよ~!
今年も頑張ろう!!って、単純に思ってしまいました。
 
pecoさん、どうぞ今年もよろしくね!!
私たちの子供達がニコニコ笑顔でいられますように☆彡
pecoさんへ@mari |  2006.01.10(Tue) 10:19 |  URL |  【コメント編集】

ありがとう!

きっと怒られると思っていたので(笑)
感激もひとしおでした~~~!!

これはひとえに、息子のおかげ。
息子のかわいい笑顔が私を助けてくれます。
いつもは怖いお義母さんも、きっと息子の笑顔の前では優しい気持ちになっちゃうんですね~。
子は嫁姑の間でもかすがいになってくれるみたいです。

どうぞ、今年もよろしく!
かりんさんへ@mari |  2006.01.10(Tue) 10:26 |  URL |  【コメント編集】

私も感激♪

私のことで泣いてもらえるなんて・・・・
うれしいような恥かしいような。
ありがとうございます。

りゅうさんはご主人のご両親と同居なんですね?
大人になってからは、自分の親とでも難しいこともあるのだから、義理の仲ならなおさらでしょうね。
人の気持ちを理解するって、ほんとに難しいですね。
でも、子供さんを可愛がってくれるのならば、それだけでも財産ですよね~。
子供の味方になってくれる人は、ひとりでも多いほうがいいですもんね!

りゅうさんのコメントの最後の一行に
とっても感激している私です
どうもありがとう~~~~~!!
心の奥からムクムク力が沸いて来る気がします♪

りゅうさんへ@mari |  2006.01.10(Tue) 10:36 |  URL |  【コメント編集】

はじめまして♪

コメントしてくださってどうもありがとうございます!

じぶさんも、話せずにいるのですね
私もそうだったので、気持ちわかります。
私は、その居心地の悪さに耐えかねて、吐き出してしまいました。
でも、思いもよらない優しい言葉をかけてもらうことができました。

障害をどんな風に周りの人が受け止めてくれるのか、心配ですよね。
私の実家の方は、悪気はないのだろうけど
打ち明けてからずっと、息子を見るたびに
「こういうところがヘンだ」と些細なことでも言われるようになってしまって、困惑しています。

分かってくれると思っていた人がそうでなかったり、きっと無理だろうと思っていた人が案外理解してくれたり。
その度に浮いたり沈んだりしてしまう私が、一番ダメなのかもしれません(笑)

じぶさんも、いつか周囲のみんなに理解してもらえる日が来るといいですね!!
じぶさんへ@mari |  2006.01.10(Tue) 10:50 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。