03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.03.29 (Wed)

「問題児」なのはわかってるけど・・・・愚痴。

担任に会ったので、この前の校長のことについて聞いてみた


修了式の校長の話の中で、各学年について1年生はこんなことがあったね、2年生はこうでした・・・・みたいな一年を振り返っての話があったそうで、
その2年生のところで、

「その時に、息子君とH君の話が出まして・・・・二人とも、いい友達がいて、みんな協力し合っている、という話をされたんですよ」


担任はニコニコとしていて、とても誇らしげに話していたので
やっぱりここは私が不満を持つべきポイントではないのか・・・とも思ったのだけど
どうにもこうにも気持ちが悪い。









【More】



息子君とH君の話が出まして・・・


の 「・・・」 がとっても気持ち悪い。



すると、担任が私の複雑な顔に気づいたのか


「うちのクラスは、息子君とH君の ツートップ がいて、雰囲気ができてるクラスですから!!」

これには思わず

「それは一体何のツートップですかぁ~~~~ははははは・・・・」

と顔で笑って心で泣きました


担任にはとてもとても感謝しているので、それ以上は何も話さずに帰ってきたけれど


結局

息子とH君はとっても問題児であるけれど、クラスのみんなの協力で、とてもよくまとまっています。
困ってる子を助けてあげられる友達はすばらしいし、学校側も良くやった。
息子とH君は、このすばらしい友達に感謝しましょう。


と校長は言いたかったわけです。


うん・・・・・・間違ってない。
100%真実だわ

ホントに、先生も力を尽くして下さったし、友達もみんな優しくて
感謝してもしてもしきれないくらいに思ってる。


そう思っても、静まってくれないやるせなさが
私の中をぐるぐる回る



こんな風に思うのは私だけなのかと思って、夫に話してみると


「ふーーーーん・・・・小さい学校だから、言わなくても目立つんだろうけどな。すべてを包み隠せとも言うつもりもないけど・・・・
修了式の全校児童の前で2人の名前をあげて話したって聞くと、なんかなぁ・・・・・・。でも、息子が喜んでるならまぁいいか。」



夫も私と同じように感じているみたい。
でも私は、みんなの前でほめられたーー!!と喜んでる息子を見るとますます悲しくなるんだけど・・・・


これって「ひがみ」かなぁ
息子が可愛いあまりに被害妄想になってしまってるんだろうか・・・


今日は久しぶりのプレイセラピーだから
心理士さんに愚痴ってこよう!! 絶対愚痴ってやる!!!
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

EDIT  |  11:52  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(7)  |  Top↑

Comment

う~んv-388
悪意ではないにしても 全校生徒の前で
名前を言う必要性はあったのでしょうか?

とても 仲の良い学年です!とか 別の言い方で
良かったんじゃないかな~なんて思います。

実際 校長先生も担任の先生も とても良い雰囲気で
過ごせた事が嬉しくて?出たセリフだとは思いますが…
peco |  2006.03.30(Thu) 11:27 |  URL |  【コメント編集】

ご無沙汰してます。

今日は退任される息子の特殊学級担任と転任される中学校の先生と話をしました。
お二方とも離任式では、教え子と離れねばならない寂しさをこらえつつ
「私の代わりにこの子供達をどうぞよろしくお願いします。」と
なんとか後に残る先生、生徒の皆に伝えなければという気持ちが一杯で
ついつい、実名を使った離(退)任の挨拶になってしまったようです。
一年間を一緒に過ごした担任ならではの思い入れなのですね。
ありがたいなー って思いました。

息子君の学校が小さな学校ならば、もしかしたら校長先生も担任のような気持ちで
子供一人一人に細やかに目配りをされていたのかもしれません。
(事実はわかりませんが、そうだと良いですね)
多くの生徒を誉めることは、息子君への理解を推し進めると同時に守ることにもなりそう。
殿父 |  2006.03.30(Thu) 23:48 |  URL |  【コメント編集】

そうなんですよ!

そう、きっとうれしかったのだと思います。
たしかにそれは、すばらしいことですもんね!!
それはわかっているつもりでも、なんだかモヤモヤする私の心・・・・。
狭いです、めっちゃ狭い心ですv-406

なんていうか、少しずつ耕してふかふかの土にしようとしている畑を、「差別」や「偏見」で踏み固められてるような・・・そんな怖さを感じるんです。
pecoさんへ@mari |  2006.03.31(Fri) 14:42 |  URL |  【コメント編集】

別れの季節ですね

殿君の先生も退任なんですね。
それほど強い思いで接してくれる先生がいなくなってしまうのはさびしいですね。
新しい出会いも素敵なものでありますように!!

ウチの校長は・・・どうなんでしょう。
息子の目からは悪い校長ではないようです。
私も感謝すべきところはたくさんあると感じています。

それでも、一度強く感じてしまった不信感やわだかまりは
なかなかすっきりとは流れてくれませんね・・・
それと、殿父さんの言葉で気づきました

>息子君への理解を推し進めると同時に守ることにもなりそう

私、今まで学校に対して息子のことを理解してください!!と強く願ってきたけれど
一方で、周りの保護者や子供たちには「障害」であることを隠したいと思っているんだって。
周りのみんなに理解してもらうことが一番の方法なのに
知られたくないと思う自分がいます

これってものすごい矛盾ですよね
もしかしたら、今年度の課題になりそうです(汗)


殿父さんへ@mari |  2006.03.31(Fri) 15:05 |  URL |  【コメント編集】

隠したい。

でもばらしたい。矛盾でありながらも
ワタクシもずっと心に持っています。
この障害言葉では判りにくいんじゃないかな?
理解してもらうには
障害名を告げたり、扱い方を説明するよりもまず慣れてもらうことかもと思います。
その慣れてもいただくまでの間が何ともしんどいんだけどね(笑)。
くめくめ |  2006.04.02(Sun) 11:03 |  URL |  【コメント編集】

きょうは、mariがたいっぽい話するつもりだった?
だけどここへ協力しないです。
だけどここにmariと友達みたいな話しなかった?
BlogPetの*ぷちとま* |  2006.04.02(Sun) 15:34 |  URL |  【コメント編集】

この矛盾は私だけではなかったんですね!

息子のことわかってほしい!!わがままで自分勝手な子ではなくて、感じ方がみんなとほんの少し違うだけ。
でも気づかれたくない!
「変わった子」とレッテルを貼られたくない

悶々としています・・・。

ほんと、周囲が慣れてくれたらいいんでしょうね。
でもそれまでの間にわがままだ・・・しつけがなってないのでは・・・と言われてるような気がして、耐えられなくなっちゃうんですよね^^;
くめくめさんへ@mari |  2006.04.03(Mon) 10:43 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。