03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.04.09 (Wed)

息子の受難

普段はあまり学校のことを語らない息子が


珍しく教えてくれました



「お母さん、5年生になったら 給食もいろいろ大変なんだよ」


え、なんで?


「残したらいけないんだ。全部食べ終わるまでは 昼休みになっても休めないんだよ・・・」





ええええええええええ!?




不安。





偏食王子ですからねぇ・・・息子。


果物はメロンとバナナ以外 すべてNG

野菜はある程度は大丈夫だけど トマト・ブロッコリー・グリーンピースなど
どうしても食べられないものもある



私自身は、無理強いはしたくないという考え。
食わず嫌いは許さないけど、食べてみて「どうしても無理」なものは無理だから。
泣きながら食べて、好きになるとも思えないし
それならば、あまり嫌な記憶を残さないようにして
味覚が成長してくれば いつか食べられるさ!!と思っている。
現に少しづつだけど、食べられるものが増えているし。
「食べてみたい」意欲をなくしてしまわないように。食事は楽しいものと思ってほしい。

でも、学校給食で「完食する」ことの大切さも、わからなくもない。
食べ物を大切にする気持ちとか、感謝の気持ちとか、好き嫌いをなくそう!ってのも間違ってはいないけどね


これから毎日のように、給食の時間パニックになるのだろうか・・・・・

あぁ・・・・・・・・・憂鬱。
スポンサーサイト

テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  15:36  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

Comment

それはっイカンっ!!

私の子供の頃には、『給食を全部食べる』指導が厳しかったけど、
現在は、アトピーの子もいるし、
食の細い子だってイルっ!!

そういう子供たちが給食を負担に思わないようにって対応がなされているはず。
mariちゃんの思うように
『食事を楽しく過ごすこと』が教育のヒトツになってるはずだよ。

息子くんがどんな内容から、そう思ったのかはわからないけども、
先生にも、ガッツリとハナシをしたほうがいいのでは??!

整理整頓ができているだけが『イイコ』なんじゃないぞっ!!

『みんな違ってみんな良い』なんだから~~

がんばれ~~v-91
RYO★ |  2008.04.12(Sat) 20:15 |  URL |  【コメント編集】

RYO★さんへ

そうそう!私の子供のころも厳しかった。
昼休み、みんな掃除の準備のために机を教室の後ろに下げて遊びに行ってる間中、べそをかきながらチーズと格闘していた私。でもいまだに食べられないしねぇ・・・・。

たしかに、食べモノは大切にしなきゃいけないし、作ってくれた人にも感謝しなきゃね!
でも偏食の多い子は苦痛だろうね~~~。

まじめで一本気!!な先生だからなぁ・・・・・
家庭訪問でさりげなーーくお話ししてみようと思います(根性無しな私w)

>整理整頓ができているだけが『イイコ』なんじゃないぞっ!!

そのコトバ!! ありがとう!
なんか泣けるわーーーーーv-406
RYO★さんへ@mari |  2008.04.14(Mon) 13:17 |  URL |  【コメント編集】

ああ・・・

うちののび太も2年生で同じようなことがありました。
残したり時間内に食べられなかったら「罰ゲーム」と称して、
給食当番じゃなくても昼休みに残って片付ける・・・
この罰ゲームで(ほかにもいろいろあったけど)自傷っぽい症状が出てきて、先生にお話したところ、いつの間にか?罰ゲームは消滅していました。
のび太はそれまで給食は牛乳とパン、ご飯しか食べられないほどの偏食でした。
でも、このときの自己否定感を自分で打破したのか?ある日突然、全部食べられるようになっていました。
とはいっても、未だにトマト、グリーンピース、ピーマンは(息子さんと似てる!)「オエッってなるけど牛乳で飲み込む」らしいです。
そこまでして食べて何の栄養にもならないぞ~って思うんだけど。
私も「食事は楽しく」がモットー。きらいなものを無理してオエッてなりながら食べなくてもいい!って家では言い続けていたんだけど・・・。
こういうところで変な劣等感を持たせないで欲しいんだけどね~。
まっぷー |  2008.04.15(Tue) 11:27 |  URL |  【コメント編集】

まっぷーさんへ

のび太クンは偏食を克服したんですね?
それってすごいですね~~~!!!!
自己否定感を乗り越えるのって、とても大変だと思います

息子も今のところ、何とか頑張っているようです
昨日なんて とてもじゃないけど無理だろうと思うようなメニュー(パイナップルサラダ)だったのに
帰って来てから聞いたら、「量を減らしてもらって、何とか飲み込んだ」って。
偉かったね~~~!!!
って褒めてあげたけど でも手放しでは喜べないっていうか。

毎日毎日、給食で憂鬱な思いするのかなと思うと ちょっと複雑です。
好き嫌いのない子が偉いってわけじゃないですよね。
味覚の過敏さを持ってない子は なにも苦労せずに何でもおいしく食べられるんだもの。
偏食の子が辛い思いして、一つでも苦手なものを克服できることのほうが
ずっとずっと頑張り屋さんだと思いません?
褒められこそすれ、叱られるようなことではないと思うんだけどな~~~
・・・ってなんだか親バカモードでしたね!
まっぷーさんへ@mari |  2008.04.16(Wed) 09:11 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。