03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.06.01 (Wed)

大好きな詩

以前どこかのサイトで見つけて、大泣きしてしまった詩がありました。
その後、もう一度その詩にめぐり合うことができずに半ば諦めていたのだけど、今日再会!! 
何回読んでも心に響きます。



     『わたしがあなたを選びました』  


おとうさん おかあさん
あなたたちのことを こう 呼ばせてください。
あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て
わたしは地上に降りる決心をしました。
きっと わたしの人生を豊かなものにしてくれると感じたからです。
汚れのない世界から地上に降りるのは勇気がいります。
地上での生活に不安をおぼえ 途中で引き返した友もいます。
拒絶され泣く泣く帰ってきた友もいます。
あなたのあたたかいふところに抱かれ 今 わたしは幸せを感じています。


おとうさん
私を受け入れた日のことを あなたはもう思い出せないでしょうか?
いたわりあい 求め合い 結び合った日のことを
永遠に続くと思われるほどの愛の強さで わたしを誘った日のことを
新しい いのちのいぶきを あなたがふっと予感した日のことを
そうです あの日 わたしがあなたを選びました。


おかあさん
わたしを知った日のことをおぼえていますか?
あなたはとまどいました。
あなたは不安におそわれました。
そしてあなたは わたしを受け入れて下さいました。
あなたの 一瞬の心のうつろいを わたしはよぉくおぼえています。
つわりのつらさの中で
わたしに思いを向けて自らを励ましたことを
わたしをうとましく思い もういらないとつぶやいたことを
わたしの重さに耐えかねて、自分を情けないと責めたことを
わたしは よぉくおぼえています。


おかあさん
あなたとわたしはひとつです。
あなたが笑い 喜ぶときに わたしは幸せに満たされます。
あなたが怒り 悲しむときに わたしは不安に襲われます。
あなたが憩い くつろぐときに わたしは眠りに誘われます。
あなたの思いはわたしの思い
あなたとわたしはひとつです。


おかあさん
わたしのためのあなたの努力をわたしは決して忘れません。
お酒をやめ 煙草を避け 好きなコーヒーも減らしましたね。
たくさん食べたい誘惑と本当によく戦っていますね。
わたしのために散歩をし 地上の素晴らしさを教えてくれましたね。 すべての努力はわたしのため あなたを誇りに思います。


おかあさん
あなたの期待の大きさに ちょっぴり不安を感じます。
わたしの顔はあなたをがっかりさせるでしょうか?
わたしの身体はあなたに軽蔑されるでしょうか?
わたしの性格にあなたはためいきするでしょうか?
わたしのすべては 神様とあなたたちからのプレゼント
わたしはこころよく受け入れました。
きっとこんなわたしが いちばん愛されると信じたから。


おかあさん
あなたにまみえる日はまもなくです。
その日を思うとわたしは喜びに満たされます。
わたしと一緒にお産をしましょう。
わたしがあなたを励まします。
あなたの意志で廻ります。
あなたのイメージで降りていきます。
わたしはあなたをこよなく愛し、信頼しています。


おとうさん
あなたに抱かれる日はまもなくです。
その日を思うとわたしの胸は高鳴ります。
わたしたちといっしょにお産をしましょう。
あなたのやさしい声が わたしたちに安らぎを与えてくれます。
あなたの力強い声が わたしたちに力を与えてくれます。
あなたのあたたかいまなざしが わたしたちに励ましを与えてくれます。
わたしたちはあなたをこよなく愛し 信頼しています。


おとうさん おかあさん
あなたたちのことを こう 呼ばせて下さい。
あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て
わたしは地上に降りる決心をしました。
きっと わたしの人生を豊かなものにしてくれると感じたからで
す。


おとうさん おかあさん
いま わたしは思っています。
わたしの選びは正しかった と。


わたしがあなたたちを選びました。
  



        『わたしがあなたを選びました』
      作者:鮫島浩二(中山産婦人科クリニック副院長)



これは産婦人科のお医者さんが作った詩だそうで、本にもなっているそうです。

わたし達を選んでくれた私の子供たちは
正しい選択をしたと思ってくれるでしょうか・・・・。
スポンサーサイト
EDIT  |  10:52  |  つぶやき・・・。  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

Comment

こんばんわぁ♪

この詩、ほんと・・・何か考えさせられますね。。。
とてもステキな詩。。。
病院の先生が作ったんですねー!すごいなぁ。。。

ところで、風邪の心配して下さってありがとう♪
昨日薬飲んだからか、今日は楽です~♪
ほんとにありがとう(*´∇`*)

追伸:『2.999999・・・』この職業なーんだ♪
・・・( ̄  ̄;) うーん。。。
けっこう悩みましたーー(;´▽`A``
”保母さん”じゃない?!
kana* |  2005.06.02(Thu) 00:22 |  URL |  【コメント編集】

ステキです!またまたうるうるです…
妊娠中の事を思い出しました。
本も出てるんですね~。
是非、読んでみたいと思います。

Akala もよく覚えていないんだけど
「障碍を持って生まれてきた子は
 おとうさん・おかあさんだからこそ
 しっかりと育ててくれるって
 わかって あなたのもとに産まれて来た」
っていう内容の言葉を どこかで読みました。

Akalaも「ママの子でよかった!」と言ってもらえる様にしなきゃなぁ~。
Akala |  2005.06.02(Thu) 00:30 |  URL |  【コメント編集】

風邪良くなってますか!?
良かった~~♪
さすがkana*さん!!!
保母さん、正解☆
私はわからなかった・・・・・
答え教えてもらっても、しばらくピンとこなかった・・・・・

歳!?(爆)
kana*さんへ@mari |  2005.06.02(Thu) 15:57 |  URL |  【コメント編集】

「お母さんの子供でよかった」
そう言われたらうれしいよね。
それと同時に
「私のところに生まれてきてくれてありがとう」と胸を張って言えるだけの強さが欲しい・・・と思います。
Akalaさんへ@mari |  2005.06.02(Thu) 16:02 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。