07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.04.01 (Fri)

私が母になった日

出産予定日を10日ほど過ぎた日の明け方、かすかな腹痛で目を覚ました。
待ちに待った陣痛。もう何度も何度も出産に関する本を読んでいたので、間違えようのない本物だと確信した私。
初産の場合は陣痛が始まってから10時間以上かかるらしい、
それに、私の行ってる産院は、陣痛の間隔が5分以内にならないと、病院に行かせてもらえないし
まだまだ余裕だな・・・とのんびり過ごす。
昼になり、相変わらず陣痛らしきものはあるけど、痛みも弱いし、間隔も長い。

よし!!こうなったら、あれだ・・・・。

私は困惑気味の夫を引き連れて、焼肉屋へ(笑)。
だって、妊娠してからというもの、体重管理が厳しくて、ずっとずっと食べたいものを我慢してきたんだもの。
赤ちゃんが生まれたら、しばらくは外食なんてできないしね。
出産に耐えるだけの体力も付けとかなくっちゃといわんばかりに、お肉を頬張る
途中で陣痛がきたら、少し動きが止まる私。
きっと夫はハラハラしていただろうけど、本人はご満悦(笑)

うちへ戻り、あとは時が来るのを待つのみなのだが
陣痛はなかなか間隔が狭まらず、結局産院へ行ったのは次の日の朝になった。

産院に着いてからも、なかなか本格的な陣痛はやってこない。
周りの妊婦さんがどんどん陣痛室から分娩室に移動していくのに、すっかり取り残され気味。

夜になり、ついていてくれた夫もいったん家に帰り、暗く静かな中で隣の妊婦さんの悲鳴を聞いていると
どんどん不安に狩られてくる。
あんなふうに痛くならないと産まれないのかな・・・・。
すっかりビビリモードの私(爆)。できることなら、もう一度、妊娠前に戻れないだろうか・・・なんて
赤ちゃんに失礼なことまで考えたりして。

夜中になって陣痛が少し強くなってきた。軽く深呼吸をしてみる。
看護婦さんが、「まだまだだろうけど、とりあえず、分娩監視装置、つけてみようか」と言って
私のおなかに太いベルトのようなものを巻いた。

それをつけてまもなく、どこからかピーッピーッと信号音のようなものが聞こえてくる。
なんだろうな~~と周りを見回していると、看護婦さんや助産婦さんが私のところに走ってきた。

 「赤ちゃんが苦しがってますよ!!大きく息を吸って!!!」

え!?私に言ってるの?よくわからないけど、言われたとうりにする。

2分ほどで落ち着いたらしく、看護婦さんたちは戻っていった。

  今のなんだったんだろう・・・・大丈夫なのかな。

それから1時間ほどは何もなく時が過ぎ、「窮屈だろうからこれ、外しましょうね」と、監視装置をはずされる。
そして数時間後、また監視装置を付けられ、つけて5分もしない間にまた異常を知らせる音が。

バタバタと数人の人が来て

「息を吸って!!」「四つんばいになって!!」

と、いろいろ指示をされるが、なかなか赤ちゃんの状態がよくならない。

そういう状態が4分ほど続いただろうか、看護婦さんから、先生を呼んで帝王切開になるかもしれないよと言われる。
その時私は、内心「ラッキー♪」なんて思ってしまった。
だって、周りの人を見ていたら、こわくてこわくてたまらなかったから。

朝の4時過ぎ、医師が呼ばれ、夫が呼ばれ、帝王切開についての説明を受ける。
分娩監視装置で出た異常は、赤ちゃんの心拍数が弱っていたことを知らせるもので
数分以上続くと赤ちゃんに影響があるそうだ。
もしかしてこれってやばいのかな・・・・と、やっと状態がわかってきた私。

  散々出産に関する本を読んで、自然分娩に関することは勉強しまくったのに、帝王切開のページは見なかった・・・・(泣)
  今から何されるんだろう・・痛いの嫌だな

そんな風に考えていたことは一瞬にして頭の中から消えた。

  この子は私が守らなきゃ
  私だけじゃない、夫の子供でもあるんだ。
  絶対に産むんだ!

理屈ではなく本能的に・・・とでも言えばいいのだろうか
私の中から強く湧き出てくる感情
・・・この瞬間に、私は母になったんだと思う。

そして5時30分過ぎ、息子が生まれた。

私は意識が朦朧としていて、息子の手・足・顔を見て五体満足に生まれたことを確認した後のことはよく覚えていない。
後になって、夫が生まれたばかりの息子を抱っこして,廊下で看護婦さんに撮ってもらった写真を見た。
きっと、あの時夫も父になったんだと思う。
あの夫の顔は一生忘れられない。
スポンサーサイト
EDIT  |  16:24  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

Comment

そうなんだぁ~。
陣痛来て 焼肉屋とは Mariさんらしいね~♪
帝王切開だったんだね~。
子供の誕生の事はホントよく覚えてるよね~。
Akala |  2005.08.05(Fri) 22:08 |  URL |  【コメント編集】

私は上の子の陣痛がきたとき、ずーっとガマンしていた
プリンとカフェオーレを買いに
ダンナと車でコンビニに行きました。
大分間隔があったものの、立ち止まっておなかをおさえるたび
ダンナがドキドキしていたのを思い出しましたー。

母親になった時の感覚、忘れつつあったなー。
最近、子供にイライラしたりする事が多かったけど
出産の事思い出して、初心にかえってみよーーっ!!
よりママ |  2005.08.08(Mon) 15:45 |  URL |  【コメント編集】

陣痛に焼肉で私らしい!? 
やばい・・・・もう本性見抜かれてるわ(笑)
だって、体重制限ほんと辛かったの~~~と言い訳しときます(^-^;

そう、帝王切開でした! なので、必然と下の娘も帝王切開。
下の子の時は、あの体重制限がイヤで病院を変えたせいで、
同じ帝王切開でも切る場所が違ったの!!(息子は横切り・娘は縦切り)
なので私のおなかは、逆T字型に傷跡があります(ノ_・、)シクシク
Akalaさんへ@mari |  2005.08.09(Tue) 08:21 |  URL |  【コメント編集】

出産の時のことは忘れちゃうものですよね~。
なので、時々思い出してみるのはいいかもしれませんね!

ものすごく感動したなぁ~~~。
私の腕の中で眠っている姿を見て、ここにこうやって存在さえしていてくれれば
何も他に望まないと思ったはずだったのに・・・・・・・・・
私もイライラして叱りまくってますわ(-_-;)
よりママさんへ@mari |  2005.08.09(Tue) 08:25 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。