07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.04.01 (Fri)

自閉症!?

息子の一歳半検診で、「自閉症の疑いあり」とされました
1才6か月で、言葉がまったく出ないこと、自分の世界に入ることが多く、ほかの子供や大人と関わる姿勢があまりないことなどが
その判断の理由だったと思う。

たしかに、言葉は遅いけれど、男の子は遅いって言うし、少しのんびりなだけだと思っていた。
たしかに、近所の子供たちが集まっても、息子だけ輪に入らずに、一人遊びをしていることが多いけれどそういう個性だと思っていた。

少なからずもショックを受けた私。
専門医に診察を受けますか?と言う問いかけに対して、現状を信じられない気持ちから返事できずにいると
では、保健センターで毎月行っている、親子教室に参加してみてください と言われてその日は帰った。

それからというもの、息子と他の子供の違いがとても気になりだした。

そういえば、赤ちゃんの頃おっぱい以外でねむることがなかった。
いないいないばぁをされても、全く反応しない。
おもちゃでも食べ物でも、落ちているものでも、何かを拾って口に入れるということがない。
夜泣きがひどい。
公園などに外出すると、親から離れてひとりでどこかに行ってしまう。
その時に呼びかけたり、追いかけたりすると怒って泣き出す。

たしかに息子は、少し変わっているのかもしれない。
でもそれが、私の中で「自閉症」と言う病名と結びついたことがなかった。

保健センターの親子教室に、何ヶ月も通ったが、そこでは保健婦さんや、発達心理の専門家が
みんなで遊んでいる様子を見て、時に問題のありそうな子には、専門医を紹介するそうだが
息子の場合は、運動能力や、手先の器用さなどが少し年齢的に遅れているように思えるが、様子を見ましょう。
という感じだった。

息子が2歳と2カ月になった頃、娘が産まれ、私の不安はまた大きくなる。
娘があまりにも、普通だったから。
育児書にある通りの成長をしていた
抱っこしてると眠ってしまうし、手に握ったものはなんでも口に入れる。
そんな当たり前のことが息子には全く見られなかったので、ますます心配になった。

息子が外で走り回って遊ぶようになると、道路に走り出したり路地の奥に入り込んだりして、油断できなくなってきた。
「息子!!だめよ!!!」が口癖になってしまい、息子は何かにつけて、寝転がって怒ったり泣いたりするようになり、
このままでは、親子関係もうまくいかなくなると思い、3年保育で幼稚園に入園させることにした。

幼稚園で、集団生活を経験すれば、なにか変わるかもしれない。
一日に数時間でも私が息子と離れることによって、帰ってきたときに もっと優しく接してあげられるかもしれない
保健婦さんも賛成してくれたため、入園手続きをする。

幼稚園に行くようになれば、保健センターの親子教室も卒業。
でも、幼稚園でちゃんとやっていけるのだろうか・・・・・
逃げ出したり、暴れたり、寂しい思いをしたりしないだろうか・・・・
心配だらけの入園だった。

でも本人は制服を試着してご機嫌だ。
楽しいことがいっぱいだといいね、息子。
祈るような気持ちで息子を抱きしめた。
スポンサーサイト
EDIT  |  16:38  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。