04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.08.25 (Thu)

児童総合相談センター 略して『児相』

先日相談に行って来ました。
息子を連れて行くのは一年ぶりです

私ひとりでは、転校したてのときに相談に行ったり、電話で話を聞いてもらったりしていました。

担当の心理士さんがとても親身に話を聞いてくれます


今回は、作業療法士さんに息子の成長具合を見ていただきました。
検査結果には特に問題はなかったようです。
去年と比べても、ちゃんと成長していますとお墨付きをいただきました


ただ、今の学校での様子や、学校の対応の仕方などについての話になると、とても心配だと言われました。


息子が「ボクがちょっかいものだからいけないんだ」と言って
教室に入れなくなってしまうことや
「心と体をもっと健康な人と変えたい」と泣いたことなど、2次障害が出ているように思えると・・・。

私から、他校や自校の特殊学級への通級をお願いしていたけれど
県教育センターで「息子君は普通学級でやれる力を持っているので、まずその方法を考えるべき」と言われて、通級の話は立ち消えになってしまった経緯もあり、それについても

「息子君は今でも精一杯頑張っていると思いますよ。それでもうまくいかないこともあるし、理解力があるから余計に、周りの人が自分をどう評価しているのかわかっていると思うんです。パニックや自己評価が低くなってることは、息子君の『辛い』って気持ちのサインじゃないかな・・・それを、もっともっと頑張れって言うのはどうなんでしょう・・・。」
と言われました。


どっちが息子にとって本当に大事なのか
私にはよくわかりません。

みんなと同じにできるように、努力を続けることももちろん必要です
でも、努力を強い続けていたら 息子は壊れてしまうかもしれない
そんな不安があります。


なによりも、学校の対応よりも、ここのセンターの方の言葉に
「愛情」を感じるのです。
優しくしてくれる人に、自分を甘やかしてくれる人に親しみを感じてしまっているだけなのかも・・・・・と思う気持ちもありますが。


作業療法士さんと心理士さんが、息子のために真剣に話し合ってくれました
このままではいけないと。
学校に意見書を出そうかとか、もしくは、今一番学校に影響力を持っている教育センターに陳情に行くべきかとか。
その日は、どうにか対応を考えましょうということで終わりましたが
今日ついさっき、電話をいただきました


相談した結果、
2学期が始まる前に、もう一度児相に相談に行くことにしました。
できれば、担任の先生も一緒に。
そこで、具体的な対処法などをお願いするつもりです。
もし、先生が一緒に行けない場合は、学校側にお願いをする文書を一緒に作りましょうということでした。


ありがたいなぁ・・・・


先生が一緒に行ければいいんだけど。

今夜電話してみます。




スポンサーサイト

テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  16:17  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

Comment

最近「この星のぬくもり-自閉症児の見つめる世界」と言う、自閉症者さんの手記をもとにつくられたコミックを読みました。小学校、中学校、高校と普通学級で過ごされたそうで、そのことを「協調性、集団生活一辺倒の体制に抗しきれず学校に通い続け、無駄な努力をしたことに対して無念がこみ上げる。社会参加のために行ったはずの学校で、おやこ共々燃え尽きて、結局社会参加が出来なくなると言うのは本当に皮肉だ。」「協調性や社会性が欠如している以上、集団生活での訓練はある程度までは必要なモノであるが、実際はこのような矯正教育で人間性や人格をゆがめられるケースがあることも事実。過ぎた訓練は、そのこの長所や可能性、ひいては生命力までつぶしてしまうだけでなく、後々のパニックの原因になるのではと言う見解もある」とのあとがきがあります。
私も普通学級と特殊学級で悩んでいますが、このコミックを読んで随分考えさせられました。
この方は現在40才くらいのようですので、そのころの教育体制とは違うところもあるとは思いますが、後書きの話はとても心に残りました
chihaya |  2005.08.27(Sat) 12:09 |  URL |  【コメント編集】

へぇ-

児相って けっこうケアにも注力しているんですね。
知りませんでした。
我が家にとって”児相”は二年に一度の判定ための場所にしかすぎないですね。
ケア業務なんて全然機能していないとばかり思っていました。
反省。。m(_ _)m
殿父 |  2005.08.27(Sat) 17:04 |  URL |  【コメント編集】

そのお話、私の心の中のもやもやをバシッ!!とつかまれた感じです。
そうなんですよね・・・・・そこまで無理をさせていいものなのかどうか。

親として、将来的に子供が自立してくれることを望む気持ちがあるがゆえに
どうしても周囲にあわせる力を持って欲しいと思うけれど
でも、そんなことのために、子供の心を傷つけ、素直で優しい性格までも歪めてしまうんじゃないかって危機感もあって・・・・・・

う゛ーーーん!!!
悩みます。
chihayaさんへ@mari |  2005.08.29(Mon) 09:51 |  URL |  【コメント編集】

そういえば、我が家でも「児相」はそういう場所でした
去年までは・・・・・・・。
ほったらかし状態で、こころもとなかったので 4月にH病院で新たに診断をうけたんでした。

うちの息子の場合、診断名が曖昧で、親も学校もどういう対応をすればいいのか
手探り状態なので、見ていられなかったのでしょう(-_-;)

殿くんは、きちんと周囲の理解を得て、
日常生活でもはっきりとした目標を持って取り組めているという感じがします。
我が家はまだ、方向性が決まりません~~~とほほ。
殿父さんへ@mari |  2005.08.29(Mon) 10:00 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。