09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.09.05 (Mon)

小学生ってタイヘンだ・・・・

2日の日にちょっと授業を見たときのこと


休み時間に、廊下に展示してあった 子供たちの夏休みの課題を見てたんです

みんな、いろんなものを作ってました。


するとそこへ、Hくんが来ました
(この子は、息子同様多動で、先生も手を焼いている様子の子。パニックはないけど、他傷や汚言などあり)

「見てみて~、コレ、ボクが作ったんだよ」

見ると、細い竹の棒の先に三角の石を毛糸でくくりつけて、「ヤリ」のようなものができてました

「そうなんだ~。かっこいいね!先もちゃんととがってるし」

と言うと

「そうでしょ!! これね、友達を殺すために使うんだよ」

「・・・・・(^-^;、それは痛いからやめとこうね」

そんな話しをしながら、みんなの作品を見ていると、
そこで通りかかったのが、あの特殊学級の先生。

「おい!こらっ!!君っ」

とH君を呼び止めて

「君、今ここにある作品を触ってただろう! これは勝手に触っていいものなのか!?」

「いけない・・・・ごめんなさい」

「じゃぁどうして触るんだ!! 壊れたらどうするつもりなんだ!? わかってるのか!・・・・・うんぬんかんぬん

お説教がなかなか終わりません。
一緒に作品を見ていた私も怒られている気分です
触ったと言っても、握ったり持ち上げたりしたわけではなくて、少し指でつついたくらいなんだけどな・・・・
起こられている間、Hくんは終始うつむいて、コクリ、コクリ と先生の言う言葉にうなずいていました。


やっとお説教が終わったようで、教室にH君が帰ろうとすると

「あ、ちょっと待て!! 君の触った作品は誰のだ? ○○ちゃんだな。じゃぁ、今すぐ○○ちゃんのところに行って『ボクはあなたの作品を触ってしまいました。ごめんなさい』と言いなさい!」


正直なところ、そこまでする必要あるの~!?と思いました。
散々先生に怒られたのに。
○○ちゃんは、自分の作品を触られたことを全然知らないのに。
どこか壊れたわけでもないのに。


H君は、とても自尊心の高い子です。
ショックだったんじゃないかと少し心配になりました。


でもH君は、その後の授業でも悪びれることなく(!?)
ニコニコと手遊びをしたり、席を立ちうろうろを教室内を歩き回っていました。

そして、教室の一番後ろで座っている私の所にきて、
クリップを曲げて、S字のようにしたものを
私の服の胸ポケットにかけて

「これ、ここにつけたらどう?」とニコニコしています


「あ、いいかも!この曲がったところにマスコットとかぶら下げたらかわいいね!!」

と答えると、とてもかわいい笑顔を見せてくれました。


H君はH君なりに頑張ってるんだよね・・・・。


小学生って、なかなかタイヘンだね・・・・。



そんなことを思った出来事でした。




その日、学校からかえってきた息子が

「あのねー、廊下にある作品を触ったら、先生が怒るんだってお友達が言ってたよ!」

「うん。それお母さんも知ってるー!」

息子はちょっと「???」な顔をしていました。


スポンサーサイト

テーマ : 子供の教育 - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  10:56  |  つぶやき・・・。  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

そーのー先ー生ーはー・・・

ヤバげな香りがしますねぇ・・・


校長といい、その先生といい、困ったもんですね。
やっぱりさらに上に訴えないとだめかしら。



私のほうもやっと発達センターに再びの連絡を取りました。
担任にどうお願いしたらよいかの相談(笑)

若い男って・・・(好きだけど)・・・もうイヤっ!!!!
ぴろりんぱ |  2005.09.05(Mon) 21:05 |  URL |  【コメント編集】

ぴろりんぱさんとこの担任は、ヤングメンでしたね~!
若さゆえの情熱もあるだろうけど、強い信念や自信があったりすると、
そこを覆すのって大変そうな気もしますね。
発達センターとの相談で、うまくいきますように!!!

私のとこの、特殊学級の先生は
ベテラン(ご年配)だけあって、頑固なところもあるけれど
上手だな・・・・って思うこともあるんです。
息子がパニックでその教室に行ったりすると、決して叱らず
かといって機嫌をとるわけでもなく、うまく話を聞いてくれるみたいです(たぶん、見たわけじゃないので)
その時の話はまた記事にしようかな。

そんな感じで、なんか違う・・・と思う先生でも、時には子供の理解者になってくれることもあるみたいです。

問題は、保護者と先生の信頼関係なのかなぁ・・・・と思うこの頃。
むずかしいですよね・・・・とりあえず、ケンカだけはしないでおこう(^-^;
ぴろりんぱさんへ@mari |  2005.09.06(Tue) 11:44 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。