08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.04.16 (Wed)

初めての場所が苦手なのは私もいっしょ。

この間、地域の子供会の集まりに出かけたら

息子の担任の先生も来てました


4月になってから まだ一度もお話ししてなかったので
「今だっ!」と 先生のもとへ行って ご挨拶してきました

先生も息子のことは気にしてくださっているようで
自分の指導がもしかして厳しすぎるんじゃ?とも考えているようで

「息子クン、私でキツ過ぎないかな・・・って心配なんですけど また家庭訪問の時にいろいろ教えてくださいね!」

と言ってくださいました。


そうそう、厳しいけれどとてもいい先生なのです。

思わず、
「いえいえ、とんでもない!! 私のほうこそ、息子がだらしないので 先生がそれに我慢できないんじゃないかと思っていたんです・・・・どうぞビシビシお願いしますぅ」

ビシビシって・・・・・私ったらなんてことを口走ったの・・・・・ orz


でもきっと大丈夫だよね!

この先生なら、きっと「愛情のある厳しさ」で 息子を見守ってくださるに違いない!!
違いないと思いたい!!!







家庭訪問で話したいこと、ちゃんとメモっとこ・・・・・
舞い上がるとまた、わけのわからんこと言いそうだし・・・・・私。






ところで今日は、一大イベントの日なのです。

療育先の心理士さんが なんかLDの研究で有名な先生とのつながりを作ってくださって
今日、その先生に会いに行く日なのです


でもさ・・・・・その場所がさ・・・・・・・・

わが県の国立大学の教育学部。


国立大学・・・・・・・なんだか敷居が高いわぁ
広すぎてどこがどこだか分らないし
駐車場もわからないし
守衛さんとかいるらしいし
うちからどれくらい時間がかかるんだろう
1時間じゃ着かないだろうなぁ
路面電車の走る道路は 怖くて運転したくないのに!!
やだなぁ・・・・・・・
男の先生みたいだったしなぁ

・・・と、数日前から 「行きたくないモード」の私なのです

療育大好きなのにね。


初めての場所に、ひとりで出かけていくのが不安なのです


発達障害のある子たちが持っている
「見通しのつかない時の不安」 ってこんな感じなのかな


不安だぁぁぁぁ



行ってきたら また報告します(明日以降になるかもだけど)


テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  09:34  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2008.04.09 (Wed)

息子の受難

普段はあまり学校のことを語らない息子が


珍しく教えてくれました



「お母さん、5年生になったら 給食もいろいろ大変なんだよ」


え、なんで?


「残したらいけないんだ。全部食べ終わるまでは 昼休みになっても休めないんだよ・・・」





ええええええええええ!?




不安。





偏食王子ですからねぇ・・・息子。


果物はメロンとバナナ以外 すべてNG

野菜はある程度は大丈夫だけど トマト・ブロッコリー・グリーンピースなど
どうしても食べられないものもある



私自身は、無理強いはしたくないという考え。
食わず嫌いは許さないけど、食べてみて「どうしても無理」なものは無理だから。
泣きながら食べて、好きになるとも思えないし
それならば、あまり嫌な記憶を残さないようにして
味覚が成長してくれば いつか食べられるさ!!と思っている。
現に少しづつだけど、食べられるものが増えているし。
「食べてみたい」意欲をなくしてしまわないように。食事は楽しいものと思ってほしい。

でも、学校給食で「完食する」ことの大切さも、わからなくもない。
食べ物を大切にする気持ちとか、感謝の気持ちとか、好き嫌いをなくそう!ってのも間違ってはいないけどね


これから毎日のように、給食の時間パニックになるのだろうか・・・・・

あぁ・・・・・・・・・憂鬱。

テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  15:36  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2008.04.08 (Tue)

いよいよ5年生!

新学年のスタートです

息子ももう5年生・・・・・・・。


なんだか感慨ひとしお、というか・・・

5年生になれたんだなぁ~~~って、義務教育なんだから当たり前なんですが
3年前、診断が出た頃には 今のこの息子を想像することができなくて

私と息子に未来はやってこないんじゃないかって思ったりしたので


この日がなんだかキラキラの宝物のように感じます





新学年と言えば、クラス替え。
でも息子の学校は小規模校なので その心配はありません

でも!!!!

親にとっても子にとっても 最も気になるのが

新しい担任!!!!!


心の中で密かに あの先生がいいなとか この先生はちょっと・・・・とか
日々想像していました

娘もそうらしくて 春休みの間中 「新しい担任の先生誰かなーー」と言ってたんですが

息子は さすが息子くん、まったく興味ないようでした(汗)


君の一年は先生にかかっているというのに・・・・・・。

相変わらず なんて大物なんだろう




で、息子の新担任ですが

Y先生という女性の先生。

去年赴任してこられた先生で、ベテラン先生。

父兄にも人気があると思います。たぶん。

私も昨年度、PTAの活動で何回かお話したり一緒に活動したけれど
とても良い方です。

息子のことも、去年担任ではなかったけれど知ってくれているので
いいかも知れません。



ただね・・・・・・・・


この先生



とーーーーーーっても



「キチンとしてる」んです!!!






いや、いいことですよ。 人として必要なことですよ。

昨年度も、この先生の受け持ちのクラスは、
教室内がいつもちゃんと整理整頓されていて みんな感心していました。


几帳面なんだろうな・・・・・・。


息子・・・・・・・ついて行けるだろうか


不注意型ADHDの息子クン。

忘れ物大王です

片付け、とーーーっても苦手です










先生・・・・・・・・我慢できるだろうか



それだけが



不安。

テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  10:34  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.03.28 (Fri)

どんな一年だった?

DSC04634.jpg


とうとう4年生も終わりとなりました。

どんな一年だったかと振り返ってみると・・・・・・


うーん、あまり思い出すことないような。



転校してきた身であるのに、あまり思い出すことがないというのは
ある意味幸せなのかもしれません。

大きな問題もなく、元気に過ごすことができました


ただ、勉強について 周りの子供たちと差が開いてきたように思うことだけが
心配なことでしょうか。

国語の漢字が苦手なことはずっと前からわかっていましたが
4年生になって 算数があまり芳しくなくなってきて。

担任の先生は「大丈夫ですよ」と言ってくださるんだけど
テストで50点とか60点って・・・・・ほんとに大丈夫なのか!?

学校でも、問題を解けずにイライラが募ってパニックになることも結構あるらしいし。

春休みは宿題がないので、4年生の復習用のドリルを買ってきました
ちょっとずつやらせてみよう。



うれしかったことと言えば、体育が好きになったこと。
体育といえば、2年生のころは大嫌いで なんとか体操服に着替えないで見学しようとしてたほど。

それが、4年生の体育の跳び箱の授業で(もともと跳び箱大嫌いだった)
先生がうまく特徴をとらえてくださったようで
普通の跳び箱より ちょっと短い跳び箱(そんなのあるんだ?)を飛べるようになった息子。

よほどうれしかったらしく、いつもは学校のことなんてほとんど話さないのに
この時は報告してくれたのでした。
それからは体育の跳び箱をとても楽しみにしていて
つい先日療育先のドクターに「僕は体育と理科が好きです」と言うほどに。


当たり前のことなんだけど
息子は跳び箱を飛べるようになったことがうれしかったんだ。
今まで、跳び箱が嫌いなんじゃなくて、飛べない自分が嫌いだったのかもしれない。

そう、嫌いだからやらないんじゃない。
できないから嫌いだったんだね。

それって
「できるようになりたい」って気持ちをたくさん持ってるってことだよね
そして 自分をもっと好きになりたいんだよね


嫌いなことを無理強いしようとは思わない。

でも、「できるようになりたい」と思う気持ちがあるなら
どこまでも応援したい


跳び箱のことを話す息子の笑顔は
キラキラしてまぶしくって
泣きそうになりました。

テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  15:42  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.03.12 (Wed)

親としての感情

この間授業参観&PTAに行った時に
教室に貼られていた 息子の版画(っていうのかな)


宇宙へ発進!

宇宙へロケット発射☆




手先が不器用な息子。

とても4年生とは思えない作品なのかもしれない。



でもね・・・・・・・・


かわいくて仕方無いのです。

絵も、ぎこちない文字も どれも愛着を感じてしまう今日この頃・・・・。



そういえば 息子が幼稚園くらいの頃は
そういう風に感じたこと なかったかもしれない。

お絵描きした絵や、工作も、ほかのお母さんは「もったいなくて捨てられない」と言っていたけれど
私はその気持ちが理解できなかった。


今やっと


親としての当り前な感情を持つことができるようになったってことかな。

テーマ : 軽度発達障害(高機能・アスペ・LD) - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  11:44  |  息子のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
<< PREV  | HOME |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。